05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ふぁみりー 

家族


白鳥は家族の結びつきが強い鳥類と言われている。
シベリアで初夏に生まれた幼鳥を連れて 初冬に日本へ越冬しに飛来してくる長旅が
親子の卒業旅行である。
吹く風の冷たさが緩むころ 白鳥はシベリア行きの長旅にそなえ 飛ぶ練習を始める。

この4羽の白鳥家族の姿を観ていると 心が和んでくる。
上を飛ぶ親、一羽はこの家族のリーダーであろうか?
下を見下ろし 降りる場所を しきりに探している。
親の翼の下を飛ぶ2羽のグレーの羽毛の幼鳥の 楽しげな顔つき、
親を信頼し 安心しきって飛んでいる様子が感じ取れる。
親離れ間近であっても まだまだ親に守られ 愛される存在なのだ。

彼らの体内に埋め込まれたコンパスに従って 
もう 彼らは親子揃って 飛んでいるかもしれない。
急がないでよいから のんびりと最後の親子旅 楽しんで貰いたいものである。
スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2014/03/10 Mon. 19:48  edit  |  tb: 0   cm: 6  

コメント

人間の家族の方が面倒ですねェ(笑)

ただ”生きる”と云う目的に向かって
一直線と云う明快さがイイなぁ・・

woo #- | URL
2014/03/10 21:18 * edit *

なんとも絶妙な

なんとも絶妙な距離感ですね。お互いの息遣いが聞こえるような家族の絆を感じ、ほほえましいですね。

oribe #- | URL
2014/03/11 00:41 * edit *

お帰り~

 ワオ~!!復帰してくれましたね。
なんといってもスワンの季節だからね。
それにしても、いきなり迫力満点のスワンの飛翔。
子供が二羽いるね。
これ川島ですか?
あっ。前の「視線」見てなかった。これから見ます。

西恋おじん #q1wBEWu. | URL
2014/03/11 21:47 * edit *

しがらみ

wooさま

野生は実に潔いです(笑)
あんなに濃密な家族であっても 
ある日を境に 憑き物が落ちる様に 袂を分かちます。
生き抜くことの厳しさ背負っているからでしょうか?

imari #- | URL
2014/03/12 22:23 * edit *

表情

oribeさま

子供の表情が良いでしょう?
幸せそうで 楽しそうで。
すぐ上を飛ぶ 親の気遣い 優しさも感じられて(笑)

imari #- | URL
2014/03/12 22:29 * edit *

ただいま~♪

西恋さま

鳥と ちょいと距離を置こうと思っていたのに・・・
駄目みたいです。
惚れた弱みですね(笑)

写真は進歩しないのですが
白鳥君たちには 想いが募ります。
しばし 禁断症状が・・・

imari #- | URL
2014/03/12 22:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/91-8ab3e89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)