06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

漆 うるわし Ⅰ 

椀s



「ぜひ お遊びに」と一言をいただいたので 
私が漆芸を始めたきっかけの 漆芸作家T氏のお宅を訪問した。
氏は鎌倉在住で 骨董にも造詣が深く 特に根来の漆器にこだわり 作品を製作していらっしゃる。
氏の仕事部屋の棚に並べられた 昔の椀の数々
室町から 江戸にわたるコレクションの素晴らしいこと、目を奪われた。
根来椀、浄法寺椀 秀衛椀 合鹿椀・・・美術館アイテムである。
氏の作られる椀の豊かさ 愛らしさ 大らかさ 強かさの原点を見せていただいた。
古くは室町の椀である。
経年変化は避けられない。
漆の塗膜の剥落 欠け 割れは致し方ない、椀の表面の金箔、絵などのかすれも当然だとは思うが
それらはマイナス要因ではなく 全て 時の流れが与えた「美」になっている。
古の椀の存在感は大きく 漆の強かさを主張している。

じょうほうじ

室町時代の素朴な浄法寺椀。
柏の葉のモチーフを朱漆で描いている。
浄法寺椀特有の金箔は無いが 稚気に溢れた大らかな椀である。
椀の高台は高く 合鹿椀の原型であろうか。


秀椀

江戸であろうか、典型的な秀衛椀。
金箔を所々に配置し 菊花のモチーフを描いている。
朱漆の色の退色は見られるが 昔は華やかな椀で
庶民にとっては このような椀は高嶺の花であっただろう。


根来絵

この縁反の根来椀も おそらく江戸であろうと思われる。
いわゆる 本根来ではないが 図柄が描かれている根来椀は 珍しい。
黒漆で渦巻き模様が描かれ 縁起の良い蓑亀図も描かれている。


漆 うるわし、である。



 
スポンサーサイト

category: 骨董・古き佳き物

Posted on 2012/05/20 Sun. 23:13  edit  |  tb: 1   cm: 2  

コメント

漆の温もり

物は使い手が有る間は生き続ける。
私にはそう思えてなりません。
T氏はきっと慈しみも持って、この漆器達にも接しておられるのでしょう。
並ぶ姿にも温かみを感じます。
ぽってりとした碗の形が良いですね。
この語らいは、今後の貴女の作品どうのような影響を見せてくれるのでしょうか。
そんな期待を膨らませる、私です(^^)v

朔夜 #- | URL
2012/05/21 11:13 * edit *

朔夜さま
随分前 骨董店で黒漆の三つ組み椀を見つけたの。
器のフォルムと手に持った感じが 氏の作風に似ていてゲットしましたが 
高台に残る漆のサインが微妙に違う。
昨日 持参し確認して頂いたら 昔 氏が作られた椀と判明。
「懐かしい」と一言。
私の日々の器とともに 里帰りしたのですが 
漆の物の育ち方は 持ち主によって顔が変化します、
良い面構えになるように 育てたいと思いました。

た~くさん教えていただいた事 頭に仕舞いこむ事 
大変です。

imari #- | URL
2012/05/21 12:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/81-538eea96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【漆 うるわし ?】

「ぜひ お遊びに」と一言をいただいたので 私が漆芸を始めたきっかけの 漆芸作家T氏のお宅を訪問した

まっとめBLOG速報 | 2012/10/23 09:48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。