05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

漆器作り まだ半ば 

椀子

一週間一回の漆の作業は遅々として進まない。
着実に 工程は進んでいるのだが 目覚しい進展はない。
下塗り2回目が済んだ椀を 漆風呂から出し 研ぎの工程をする。
ツルツル ピカピカに塗れている肌を スルスルと研ぐと ツルピカの肌は 無残(?)な
有様に変わる。
塗っては研ぎ、研いでは塗る、この作業の繰返しが美しい完成につながる。
筋目のRになっているカーブの研ぎが難しいのだが 丁寧に研ぐ。
下塗とはいえ 漆独特の漆黒の塗り 自画自賛だが結構いける。
この段階で 数回漆を塗って「完成」としても 以外と良いかも(笑)
まぁ、そんな手抜きは 致しませんが。


つくつけて


研ぎが済んだ椀の底にツク棒をつけ漆を塗る。
極力薄く 均一に。
刷毛目が出ないように 丁寧に塗り重ねていく。
漆器産地では 下地作業 下塗 中塗に関しては かなりの部分 機械化されているという。
ここまで丁寧に作る漆器は少ないと聞く。
下塗、中塗はコンプレッサーで 漆成分を含む塗料を一気に吹付け塗装する物もあるとか。
コストを考えれば それも仕方無い事かもしれない。


水割りカップ


先週 下地処理の2回目の切子付をした水割りカップとぐい飲を風呂から出す。
生漆、砥粉、三辺地粉(焼いた土)を練った切子で覆われた木地は 一見 焼き物の様相だ。
砥いでみて 切子がきちんと定着していたら 生漆を薄く塗布し 下塗工程へ進む。
器の外側を研ぐのは まだ楽なのだが 内側の底を砥ぐのが問題で 指が届かない。
これからの砥ぎの作業を考えると 底辺をきちんと砥ぐための 道具を作るべきかもしれない。
「漆塗り」とは言うが 塗っている時間よりも 砥いでいる時間の方が 圧倒的に長い。


水目さくら


1回目切子付をしたカップを風呂から出す。
二辺地粉で切子付したカップは これもまた焼き物に見える。
備前焼のビアカップそっくりである。
手に取ると ざっくりした肌が 意外と手に馴染む。
焼き物のような冷たさは無く とても良い感じ。
ザクザクした刷毛目が面白く ツルツルピカピカの漆器特有の肌より 私の好みだ。
一人悦に入り ホレボレ見ていたら 
師曰く「これ格好いいね、このままの状態で 生漆で定着させたら?」
我意を得たり、内心 ニヤリだった。
中をきちんと砥ぎ 塗り重ね 外側は 備前焼風に仕上げてみたい。
ツルツルピカピカだけが 漆器ではない(笑) 

スポンサーサイト

category: 漆・手仕事

Posted on 2012/04/22 Sun. 09:19  edit  |  tb: 0   cm: 8  

コメント

いやはや、私には3回生まれ変わっても出来ない
手の掛かる行程なんですねぇ^^;;

まあ、出来の良い漆器の値が張るのも当然か^^;;

しかし・・

「中をきちんと砥ぎ 塗り重ね 外側は 備前焼風に仕上げてみたい。
ツルツルピカピカだけが 漆器ではない」

って件は良いですねェ♪

woo #- | URL
2012/04/22 19:02 * edit *

マエストロ

 今晩は。暫く登場しないと思っていたら、こんな素晴らしいことを密かにやっていたのですね。
テレビの伝統工芸や職人の超絶技巧を見るのが好きなんですが、imariさんの腕前は、玄人裸足ですよ。
羨ましいな、こういうのが出来る人って。

西恋おじん #q1wBEWu. | URL
2012/04/22 21:39 * edit *

こんにちは。
私、こんな素敵な人と友達なんだと思うと嬉しくて♪
でもちょっぴり自己嫌悪にもなりますの。
だって貴女が眩しすぎて。
ジタバタもがく様に生きてる自分が、情けなく思えちゃう。
背中を押されてブログの世界に足を踏み入れてはみたものの、文章一つ書くのにも質の違いを感じています。
頭の中では出来そうに思っても、いざやってみるとなんと大変な事なのかと感じる。
いつも貴女の背中を追うのが精一杯。
見失うまいと、一生懸命。
>漆器作り、まだ半ばと、涼しく笑う貴女の瞳は、いたずらっ子のように漆黒の光を湛えている。

朔夜 #- | URL
2012/04/23 13:59 * edit *

亀の歩みですが

woo兄さま

「できの良い」漆器というより
「きちんと工程を経た」漆器は それなりのお値段しますが、
上面だけじゃ その区別 中々つきません。
ましてや 作家さんが作られたものは 付加価値がつき お値段に反映します。
金銀貝で加飾したら 猶の事です。
天然漆使用か 漆成分含有か 工業漆使用によっても 値段が違ってきます。
食器でしたら 天然漆使用じゃないと・・・ねぇ(笑)

腕は まだまだですが きっちり「修行」して 
精進したいです(かなりマジです 笑)

imari #- | URL
2012/04/23 14:11 * edit *

泥亀です(笑)

西恋さま

本格的に漆芸をやり始めて まだ数年、
週に一回ですので なかなか。 
いまだ ノロノロと泥の中 這いずり回っています。
やっと自分の好みが見えてきた、という段階ですが
腕がついていきません。
物を造ることの面白さ
漆というものの面白さにハマっています。
漆カブレからは 解放されつつありまして
それだけでも 進歩かもしれません。

写真にも ズブズブはまって 足を取られて転げ回っています(笑)

imari #- | URL
2012/04/23 14:49 * edit *

コラ!この褒め殺しオナゴめ!

朔夜姫
な~に言っているんざんしょ!
何が「自己嫌悪」なの?
何が「眩しい」のよ!

ワハハ、私 褒められると伸びるオナゴなので
苦しゅうない、どんどん「優しい」お言葉ちょうだいな!
見失われないように ぶっとい紐で がんじがらめに
縛りつけよ~か、どやっ?

近々 中塗工程へ進みます。
色目は ご自由ですので また相談させて貰います。
お箸 つけちゃうぞ!(笑)

imari #- | URL
2012/04/23 14:58 * edit *

「塗っては研ぎ、研いでは塗る、この作業の繰返しが美しい完成につながる。」

「ツルツルピカピカだけが 漆器ではない(笑)」

いつも印象に残った文の引用で恐縮です。この瞬間は全てを忘れて?とり憑かれたようになっているのでしょうかね
(笑)

“深み”って一体どういう事なのでしょうねぇ。。。

imariさんの工程記を読んでいてそう思いました。

こんな手の込んだ工程を生み出した職人って凄いなぁ~と門外漢ながら思ってしまいます。

塗っては削り、削っては塗る・・・

器一つ一つを我が子のように慈しみ、愛おしみながら、そして、時に厳しく育てるような感覚だったのでしょうか!?

まぁ、大量生産(作業工程の機械化・平準化など)以前の話なのでしょうけど・・・

色合いの深みは多層コーティングから産み出されるのでしょうけど、単なる厚塗り重ね塗りではないところが工芸品と言われる所以なのでしょうね。

でも、本当の美しさは実際に使うことによって、それが本来持っている美しさを引き出される。

つまりはそれが漆器の味わいってことでしょうかねぇ。。。

何だか、知ったようなことを書いてしまいました。でも、このいい加減さが僕の“持ち味”でもありますのでご勘弁を(笑)

 

和久 #- | URL
2012/04/25 18:47 * edit *

漆を塗ってない方が僕はいいなぁ~(#^.^#)
imariさん、僕にも作ってほしいなぁ~
僕の田舎は岡山県なんです。
備前焼大好きです。

にっしー #- | URL
2012/04/28 20:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/79-727e8f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)