07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

白鳥 飛来 

とうとう白鳥が越辺川に飛来してきた。
11月28日現在 まだ飛来数は17羽であるが これから序々に増えていくと思う。
去年の今頃の飛来数の51羽と比較すると 随分数は少ないし 特に幼鳥の数が少ない。

昨年迄あった休息用の中州が消え 白鳥達がネグラにしていた大きな中州が消滅
川の地形が少々変わったので 白鳥達は居心地悪そうに見える。

つい 数年前まで 行政側が餌やりを 率先してやっていたのに、
鳥インフルエンザ予防の為と称し 埼玉県条例により 白鳥達の餌やりは禁止された。
飛来地に立てられた餌やり禁止の立て看板は 今年 一回り大きくなった。
餌の切れ目が 縁の切れ目
荒川の飛来数は かなり減ったらしい。
このまま 餌やり禁止が続けば この川辺から彼らの姿は消えるかもしれない。

埼玉近県飛来地 茨城 群馬では 餌やりは禁止されていない。
行政側がしっかり飛来地を管理し 定時に餌やりをし 訪問者も餌を与えている。
近い将来 埼玉に飛来している白鳥達は 餌を求め 他県飛来地へ引っ越すかもしれない。
野生動物とは 一定の距離を保つべきであろう。
彼らの生活には 介入すべきではない。
しかし 短絡的な県の方針は ちょっとおかしいと思う。
昨年 某新聞社に「無法地帯になった越辺川」という記事が載った。
民放TV局も川に取材にやってきた。
たまたま 白鳥を見に来ていた餌やり擁護の方は取材を受けたので
意見を述べたそうだが 番組内ではカットされた。
鳥インフルとの因果関係も証明されない内に 
大上段に「餌やり禁止」看板を掲げる県の姿勢に 疑問を感じる。

古くから白鳥と親しんできた地元の方達は こっそり餌をおやりになる。
白鳥ウォッチャーの常連さんも おやりになる。
私も 餌やりをする。
玄米やら パンを少しだけ 差し入れするのだが
立て看板を見た「正義感」の強い方達から 時々お叱りを受けることがある。
良い機会だと思うので こちらの意見をお話し 反対意見をお聞きするのだが
「禁止されている事をしてはいけない」と皆様同じ事を仰る。
もし 鳥インフルが怖いのであれば 白鳥に会いに来なければ良いのでは?
差入れ派が 細々餌やりをしているから 飛来しているのに、とも思う。
感謝しろとは言わないが そのあたりのこと 少しは考慮しても良いのではなかろうか。

先日 茨城の飛来地を訪れた際 野鳥の会の方と話す機会を得た。
餌やりと鳥インフルの因果関係のご意見を お聞きした所
私見ではあるが 殆ど無関係ではないかと考えますとのお返事を聞いた。
時間の許す限り 今年は他県に足を伸ばしてみようと思っている。
心置きなく 白鳥達との逢瀬を楽しみ 差し入れもしてきたいと思っている。



(茨城 水戸 大塚池に飛来したオオハクチョウ)



群翔
(夕方 ネグラである新潟瓢湖に戻ってきたハクチョウ)
スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2011/11/27 Sun. 14:10  edit  |  tb: 0   cm: 10  

コメント

コメント書くところやっと発見(笑)
がさくてゴメンネ(^_^;)
真正面から結構なデカさで向かってこられたら、道譲っちゃいますね♪
なんとなくがに股で、肉付きの良い体。
媚びない美を感じます。
この子達が何時までも伸びやかに暮らせるように、私達は自然を壊さないようしなくてはならないと、強く感じました。
きっとそれは人の為でも有るのですから。

朔夜 #- | URL
2011/11/29 15:56 * edit *

To 朔夜

この画は 餌を目がけて突進してきた場面です。
早朝 空腹だったのでしょう。
パンを見つけて 池の対岸からダッシュしてきたの。
それだけ この地では餌やりが認められているのです。
人がやる餌なんて 彼らにとっては「オヤツ」のような物。
飛来地近辺に 水田や水場など 餌を取れる場がないと
彼らは飛来しなくなるのです。
安曇野では 水田に水を張り 彼らを保護している処もあるのです。
餌を取れる環境を用意してやれば良いものを 
埼玉県の短絡的判断は おかしいでしょ?
渡り鳥の保護の意味 取り違えている感じがする。

imari #- | URL
2011/11/29 16:10 * edit *

白鳥って・・・

ワタクシ、

久々にここを訪れた感があります。何してたんだろ(笑)

あちらの板にも書いたように、水の上の静かな優雅な白鳥と違って、逞しい!の一言です。

怖くて近寄れないかも。
水の上を走ってきてるわね(笑)

空高く飛ぶ白鳥とも水の上の静かな白鳥とも違う逞しさ。

翼もこんなに大きかったのかと圧倒されました。

餌やりに関しては私は正直なところ、どちらがいいのかよく分かりません

鳥インフルエンザの問題を度外視しても
餌をやらないで自然に任せるのがいいのか、餌付けした方がいいのか・・・

勿論、弱ったりお腹を空かせて命にかかわるようなら放ってはおけませんけど。

難しい問題ですね。

私なら?やります(笑)

kerako #- | URL
2011/11/29 17:17 * edit *

僕も餌やり派です。
文句を言いに来る哀れな人たちはどこにでも居てるんですよね。
インフルエンザが怖いんだったら来なくていいんですよ!
僕もこれには賛成!!

にっしー #- | URL
2011/12/02 19:43 * edit *

あれ?直ぐ書き込んだのが反映されてない(汗)

またやったか(笑)

woo #- | URL
2011/12/03 02:08 * edit *

To Kerako

野生の白鳥は したたかで逞しい者ですが 反面けなげでもあります。
水面を疾走する姿 アスリートのようです。
細くしなやかな首を伸ばし 前方見つめ 水面を蹴り空に浮かぶ・・・何度見ても 胸キュンであります。
空から舞い降りる時 風切る音の大きなこと!
餌やりは できればしない方が良いのです。
添加物が入っている食品は 避けるべきです。
ですので 私は玄米をやります。
ちょっぴりの玄米なので 小腹ふさぎに過ぎないけれど
来年も再来年も 会いたいですから。
川から帰宅したら 手洗いウガイは常識です(笑)

imari #- | URL
2011/12/03 20:33 * edit *

にっしーさん

初コメ 感謝です(笑&嬉)
地元の方は 白鳥を とても可愛がっていらっしゃいます。
彼らの飛来を楽しみにされ ご自分の田んぼで作られた玄米など おやりになる。
なのに文句を言うのは ちょっと遊びにきた『よその人』
看板を立てた行政側の言葉を鵜呑みにして 大上段に仰る。
まぁ 埼玉県の行政側が おかしいのでしょう(笑)

imari #- | URL
2011/12/03 20:42 * edit *

To woo兄さま

一番乗りのコメが・・・消えまして?
あらら~、残念。

で なんとカキコして下さったのでしょうか?
興味 大!

旅の疲れ 取れまして?

imari #- | URL
2011/12/03 20:56 * edit *

今度は国内で彼方此方動き回ってます^^

何しろモンク修行中の今しか動けないので♪

woo #- | URL
2011/12/04 02:03 * edit *

地域の活性化にもなる

 コメントしたと思ってたら、してませんでした。
教えていただいた多々良湖では、守る会の人たちが、朝晩きちんと餌やりをしてましたね。特に餌やり禁止の看板も出てなかったですよ。餌をねだりに来た白鳥にヨックモックなんかあげたら、もっとよこせと追いかけられましたが
後でその白鳥が留鳥であることが判明し、可笑しいやら
ガックリするやらみんなで笑いましたよ。
 越辺川に行った時も餌やりの件で言い合っている人がいましたが、餌がなければ来ませんよね。街の活性化のためにも県や市で責任を持って餌やりをすればいいのにと思います。

西恋おじん #q1wBEWu. | URL
2012/01/27 11:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/77-7d1f96f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。