09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

川は あけぼの  

NHKが白鳥の川をニュースで流したそうだ。
それ以来 河原は千客万来、
「ちょっと 白鳥でも~」的な方々で ごった返していると 鳥友から聞いた。
人混みの中での 白鳥との逢瀬は勘弁である。
んなら 早朝 明け方 逢瀬を楽しもうと出かけた。

夜明け前 五時半に 河原着。
甘かった・・・
駐車場 殆ど満車。
真っ暗な河原では すでに白鳥達 啼き交わしていた。
凍てつく河原 目を凝らして見ると
バズーカ砲のようなレンズをつけたカメラがズラリ。
居場所を探し 下流に向かって 枯れ草を掻き分け歩き
圏央道を望む処で陽の出を待つ事にした。

霧


闇から 紫 濃紺と 空の色が変化する。
気温が低いので 川面に川霧が発生している。
幻想的な景色である。
陽が昇る。
光が差し 瞬時に 空が朱に染まる。
なんと 美しいのか、
川が金色に輝く、まぶしい。
刻々と変化する川の表情、この表情の変化を求め 人は足を運ぶのか。
朝の光は美しいと 写真を撮る人は言う。
なるほどである。

朝白鳥.1JPG

朝白鳥なら 出社前に行けそうである。
う~ん、はまりそう(笑)
朝焼けの中 ネグラから飛び立つ白鳥
そのまま 餌探しに田んぼに飛んでいくグループも居る。
純白の身体が 赤く染まり 実に美しい。
彼らが飛び立つと 河原にカメラのシャッター音が 静かに広がる。

霧


川はあけぼの やうやう 朱くなりゆく 
川岸、すこしあかりて、川面より朧に霧の立ち昇りたる

まさしく 川は「あけぼの」である。

飛んだ.1JPG



スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2011/02/11 Fri. 09:19  edit  |  tb: 0   cm: 10  

コメント

なんとも幻想的な情景ですね♪

まあ、カメラの放列とシャッター音は余計だけど^^;

woo #- | URL
2011/02/11 12:45 * edit *

ブログ心待ちにしておりました
なんて美しい変化の写真でしょうか
ありがとうございます^^

mm #- | URL
2011/02/11 15:42 * edit *

美しい・・・

白鳥も、空も川も霧も全てが美しい。

写真を見ながら泣く女がここに一人います。
どうして涙が出るのでしょう・・・

年を重ねたら少しは大人になって、分別もつき、色んなことに達観していられると思っていたのに。

まだまだこれから修行しろってことでしょうか?

貴女もまだまだこれからです。
私も海苔巻き弁当持って川で誰かを待っていようかな・・・

私って分かるかなぁ・・・

kerako #- | URL
2011/02/11 16:48 * edit *

朝焼け

夕焼けは、黄昏 明日の約束の色
朝焼けは、黄金 希望の色
朱に染まる 大気の中 凛としたその姿
ただ ひたすら 昨日でもなく明日でもなく
今を生きる 強い生命力を感じます。
この写真だけで、あるべく人の生き方を
考えさせられました。

やっほー #- | URL
2011/02/14 05:47 * edit *

兄さま

幻想的・・・たしかに霧は うまくボロ隠しをしてくれていますね。
川霧に浮かぶ 白鳥のシルエット、綺麗なものです。
そのシーンに魅せられて 川へ通う殿方の多いこと。
女性は・・・殆どいません。

1m間隔でズラ~っと並ぶ三脚の数 
三脚の上のカメラ 大きく長いレンズ その光景 壮観です(笑) 

#- | URL
2011/02/15 13:00 * edit *

mmさま

コメントありがとうございます。
実際は もっともっと ず~っと美しいのです。
まだ 悔しいかな カメラの腕が 追いつきませんの(汗)

コンデジを入手したのが 昨年の3月。
その頃よりは ち~と腕前は上達した(と 思いたい)かと(笑)
大好きな白鳥の写真 アップいたしますので
忌憚無いご意見 頂きとうございます。
よろしくお願いいたします。

#- | URL
2011/02/15 13:05 * edit *

To kerako

よっ、褒め上手!
貴女から 優しい言葉 貰っちゃったら 昇天してしまう。
白鳥が美しいので 私の腕でも「それなり」に写せるのです。
彼等との残された時間は せいぜい2ケ月です。
何回 逢えるのか・・・
来年も 逢えるのだろうかと 考えてしまう。

imari #- | URL
2011/02/15 22:16 * edit *

やっほーさん

コメント ありがとうございます。
琵琶湖の白鳥を写しに行きたいです。
鴨でも 鷺でも 何でもいいの。
ミヤコドリも 居ましたね。

早朝の琵琶湖 いえ 鴨川でもいい。
京都撮影旅行 そそられます。

いつになったら 行けるのでしょうか・・・

imari #- | URL
2011/02/16 00:04 * edit *

夜と朝の狭間に

貴女は間違いなく早起きさんですね♪
夜の冷気から、陽の暖気への変わりざまを見せていただいたような気がします。
幽玄の情景から陽のシーンへの移り変わり。
それは一瞬なんですね。
私のようにボンヤリしていては、見逃してばかり(笑)
ありがたや、貴女がこうして時を止めて見せてくれました(^_-)

朔夜 #- | URL
2011/02/16 13:36 * edit *

To 朔夜さま

早起きではなく 徹夜明けと言った方が近いかも・・・
不摂生のキワミです。(笑&反省)
遠足前夜の小学生のように
週末は ワクワクして眠れませんの。
深夜映画をダラダラ観て ちょっと仮眠し 飛び出す。
で 河原を歩き回り グタ~っと疲れ 帰宅、沈没、気絶です。
週始めの月曜日の朝は ドヨ~ンとPCの前に座ってます。
もうすぐ 彼らは北帰行、
少しは 私も健康的生活を送れるかもです。

imari #- | URL
2011/02/16 19:56 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/57-9515d3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)