07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

川風に吹かれたくって 

白鳥カメラ

11月14日現在 白鳥は15羽、
鳥インフルエンザを防ぐという「題目」の元 彼らに差入れは禁止されてはいるが それは自己責任という事で
差入れを届ける人は多い。
彼らの人懐っこさに 脱帽なのだ。
臆病な警戒心の強い個体もいるが 大胆に人に餌をねだるツワモノも居る。


コガモ

白鳥の差入れの食べ残しを ちゃっかりと頂く鴨達も居る。
白鳥同様 北の国からの訪問者 鴨の数も種類も どんどん増えている。
しかし 彼らの警戒心は 思いのほか強い。

鴨

この近くに オオタカの営巣地があり オオタカに鴨類は狙われているので 
ちょっとした音でも 鴨類は 一斉に飛び立ち 様子をうかがい 又餌を食べに来る。
今日は 尾長鴨の姿を見た。

セキレイ

セキレイの仲間は キセキレイ、背黒セキレイ、白セキレイの3種がおり 飛び交っているが 
仕草も鳴き声も 実に可愛い。

サギ

サギ類は アオサギ、コサギ、ダイサギの姿を見かける。
警戒心は強く 一定の距離を保ち 人には近づかない。
彼らの飛ぶ姿は実に美しい、優雅なものである。

週末 河原へ車を走らせる。
冷たい川風に吹かれ 遊ぶ鳥達の姿を眺めるのが好きだ。
姿を見せなくても キジ、カワセミ、コジュケイなどの声を聴くと なぜかホッとする。

一週間溜まった澱が 消えていく、
又一週間 頑張れる気持になれるのだ。
スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2010/11/14 Sun. 23:35  edit  |  tb: 0   cm: 10  

コメント

どちらかと言えば鴨派のボクにとっては
鴨君にも頑張ってもらいたい♪

え?食べるのが好きなんだろうって・・
ハイ、その通りです。まあ、合鴨ですが^^;

woo #- | URL
2010/11/15 00:49 * edit *

鷺、綺麗。
私が貴女に抱いているイメージって、知ってましたか♪
待ちに待ったシーズンの到来ですね。
また見せてね。

#- | URL
2010/11/15 13:56 * edit *

 
どの写真も心が洗われるような素晴らしい出来です。

写した貴女がすごいのか・・・写された被写体がいいのか・・・
それは言わずもがなです。
腕を上げましたね!一人で感嘆の声を上げました。

身贔屓が強いのか、私はプロのカメラマンに貴女は負けないと確信しているのですが・・・

漆よりこちらがいいのでは?両方っていかが?(笑)

kerako #- | URL
2010/11/15 20:15 * edit *

こないだ帰っていくユリカモメなんてコメントしましたが、あれはまちがいでした。ユリカモメは秋になると日本に渡って来て春に繁殖のためにカムチャッカへ帰るんです。僕の見たのは集団で夜を過ごすのに琵琶湖へ行くとこみたいでした。でも朝なのになぁ…。
鴨川でよく見るのはコガモ、マガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、キセキレイ、セグロセキレイ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、ゴイサギです。(川にかかる看板から)

den #- | URL
2010/11/22 14:04 * edit *

To 兄さま

鴨は可愛くて 実に美味です(ゴメン、鴨君)
冬の湖北 
長浜で先年食した鴨は 美味しかった~~♪
琵琶湖で獲られた野生のマガモの鴨鍋だったのですが
山椒の香りが立つツクネの美味しかったこと
野生の味 堪能いたしました。

ハイ!合鴨も大好きです。
ローストした合鴨ステーキ 美味しいモン!(笑)

imari #- | URL
2010/11/26 08:41 * edit *

To カナリア姫

「貴女に抱いているイメージ」って 何じゃろか?
う~ん、ガチョウかなぁ、
ガァガァ うるさいし ドタドタ動き回るから(笑)

今週は 月曜日からヘロヘロよ。
仕事忙しいの分っていて 土・日「遊ぶなよ!」なんですが
待てシバシが効かないオナゴですので(笑)

imari #- | URL
2010/11/26 08:45 * edit *

To kerako

貴女は「褒め上手」!
貴女の 言葉は蜜のよう(笑)
私の写真は 自己満足の延長線上に乗っかっておりますの。
ううん、かろうじて 引っかかっておりますの。
白鳥の美しさが ヘボな腕を助けてくれています。
今週も 川・・・行きたいなぁ・・・いやぁ 行くかな(笑)

貴女も じゅんさい池の 可愛い鴨ちゃん
写しましょうね(期待 大 です)

imari #- | URL
2010/11/26 08:51 * edit *

To den

ミヤコ鳥(ユリカモメ)の 比叡山越えは 京都の冬の風物詩とか、
比叡山を越える彼ら 真っ白な竜巻のようになって 
悠々と比叡山を越えて行くそうですが
その姿の美しさ 見事な光景でしょうね。

アリューシャンから飛来する彼らです。
比叡山なんて らくらく越えて行くとは思いますが
それを毎日見られるなんて 羨ましいです。

平安の昔から ミヤコの人は彼らを 愛でた事でしょう。
比叡おろしに吹かれながら 私も 見てみたいものです。

imari #- | URL
2010/11/26 09:00 * edit *

初めまして
とても美しい写真ですね
セキレイさんの立ち姿のとても可愛らしいこと♪

また、お邪魔いたします^^

mm #- | URL
2011/01/16 17:58 * edit *

mmさま はじめまして!

コハクチョウに逢って すっかり心 盗まれました(笑)
彼らの姿を収めたいが為 デジカメを買い 
ヘボな写真 写しております。
美しい姿 空を行く姿 見るたびに心がワクワクします。
あと2ケ月足らずで 彼らは北へ戻ります。
後 何回 逢瀬があるでしょうか(涙)

imari #- | URL
2011/02/09 13:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/51-6d4fc8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。