03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

戦闘機 vs 菖蒲 

花

曇天の午後 ぶらりと近くの公園にでかけた。
ここの公園は かなり広く 武蔵野の自然の雑木林を残しており 
一画にはバラ園もあり カワセミが住む池もある。 
その日の気分で 色んな場所を散策するのに最適な公園なのだ。
この公園の 雑木林に分け入ると 
ソローの「森の生活」がチラリと頭を掠める。

今回の お目当ては 咲き始めた菖蒲である。
光線の具合 良~し、カメラ持参で ホクホクでかけた。
菖蒲は 雨の中で見たい花である。
雨といっても 小糠雨が だんぜん良い。
柔らかな花弁に雫を乗せた菖蒲の花はの姿は美しく
儚げな佳人の姿を彷彿とさせる。

戦闘機

菖蒲田は 暗い雑木林を抜けた処にある。
自然の小川を利用し 菖蒲田に設えている。 
菖蒲は まだまだ咲き始め、来週末あたりが見頃だろうか。
来週末には 菖蒲祭りが開かれ 屋台なども出るそうだが 私は勘弁。

この公園の近くには 航空自衛隊の基地があり
公園上空が 自衛隊機の空路になっている。
そのため 時折 輸送機や戦闘機が頭上を飛ぶのだが
エンジン音が聞こえたら 菖蒲の撮影は中断し 飛行機を写す。
望遠ズームで狙い 手ブレしないで写す練習をする。
私は 飛行機には興味が無い、
それは秋に戻ってくる白鳥の飛翔シーンを撮る為の練習なのだ。
どうにか輸送機の類は 写せるようにはなったが
しかし速い戦闘機は まだまだである。
秋までには しっかりと写せるようになりたいものだ。

鬼ヤンマ

菖蒲の花の上に 大きなオニヤンマを見つけた。
何年ぶりだろうか。
子供の頃でも めったに見ることは無かったし 捕まえるのは至難の業。
飛ぶ速さは早いし 子供の頃の 憧れのトンボだった。 
こんなにノンビリと花にとまっているだなんて 初めてだ。
おそらく羽化したばかりの 成虫だろう。
黒の身体に くっきりと黄色いラインが見える。
まるで漆に塗られたオブジェのようで
堂々として 美しい個体であった。

菖蒲4

白い優しげば菖蒲の花の中に 緑のバッタを見つけた。
まだまだ幼虫で 目がまん丸で 愛嬌のある顔立ちである。
おそらく ヤブキリの仲間だと思うが
小さなクセに 立派な産卵管を持った 女の子であった。
産卵管は立派でも 羽が発達途上で まだ役に立たない。
花の上を チョコチョコと歩くだけ、おしとやかなバッタ娘である。
風に揺れる 白い菖蒲の花の中心に隠れていたが
この菖蒲は彼女の揺り籠なのか、さすが女の子
素敵な隠れ場所を選んだものである。
昆虫を捕食する 小鳥達に見つかることなく 育ってほしいものである。
こんな公園の菖蒲田にも ちいさなサプライズがあるものである。

頭の中で なぎら健一の歌う「葛飾にバッタを見た」が流れました♪
スポンサーサイト

category: 写真

Posted on 2010/06/14 Mon. 01:01  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

そろそろ一眼かな・・やはり(笑)

woo #- | URL
2010/06/14 02:38 * edit *

なるほど!
秋に向けてのシミュレーション!
日々努力を怠る事なかれ…ですなぁ。

ところで菖蒲祭…屋台が出るところ出没する私としては…おっと、今は控えてから18時間…
そちらもやっと梅雨入りですねぇ…

den #- | URL
2010/06/14 17:18 * edit *

兄さま

D3000が届きましたら ご感想を聞かせてくださいな。
使い勝手 撮った写真 その他色々 
忌憚のないユーザーさんとしてのご意見聞きたいです。

私?
まだまだ 買いません。
買えません。
なんせ まだカメラの知識 な~んもありませんので(笑)

#- | URL
2010/06/17 20:51 * edit *

denさま

シュミレーションは真面目にやってます。
飛行機見えたら すぐカメラで追います。
写したって消せば良いだけ。
気楽な物です。
フィルムカメラとは 大違い、
時代は 大きく変りましたね(笑)

屋台ですが、市民団体の婦人会とか農協関係の屋台だそうで 
健康的な屋台村だそうです。
味は いかがでしょうか(笑)

#- | URL
2010/06/17 20:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/37-03c579f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)