09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

私の「まほろば」 

19日の夕方まで 何も考えていなかった。
三連休の前日である、今からホテルの予約など 無理だろうと思っていた。
ところが 無理じゃなかった。
トントン拍子に 予約が取れたのだ。
さすがに 京都のホテルは無理だったが 大津と長浜のホテルが予約できた。
家の近くから高速に乗れば 数時間で京都である。
新しき相棒を満タンにし バタバタと夜中飛び出した。

明け方京都を通過し 奈良に到着。
2年ぶりの奈良である。
奈良はホッとする処であり 私にとって「まほろば」=「素晴らしい処」なのである。
最初は 明日香に行こうかと思ったが 時間的に厳しく 
建都1300年で何かと話題にのぼる奈良市内 興福寺、東大寺辺りは人出が多そうだし、
今回は斑鳩へ向かう事にした。

塔

三連休の初日とは思えない斑鳩であった。
「ドッとくりだす観光客」の姿は無く 斑鳩三搭の一つの 法起寺の塔が 菜の花の向こうに見えた。
この塔は現存する日本最古の三重塔で国宝、 世界遺産にも指定されている。
入江泰吉氏の写真の如く 春の日差しの中 塔は静かに佇んでいた。
こじんまりとした親しみやすい 端整な塔である。
平安時代作の重要文化財「十一面観音菩薩像」を見せていただき 法輪寺へ向かった。

塔2

ここも観光客の姿はまばら 長閑なものであった。
法輪寺の塔は落雷により消失し 後世に再建された塔である。
こちらの「薬師如来坐像」「虚空蔵菩薩立像」は飛鳥時代の作といわれ
法隆寺の「釈迦如来像」や「飛鳥大仏」の面差しに とても似ており
彩色がよく残っている。

塔3


斑鳩三搭の最後 法隆寺へと向かった。
ここに来るのは何度目だろうか さすが世界最古の木造建築物である。
教師に連れられた修学旅行の生徒らしき集団、一般観光客 外国人の観光客等
やっと観光地らしい雰囲気であった。
とは言うものの 京都と較べると 静かで長閑なモノである。
法隆寺参道に植えられた桜は 来週あたりは開花し 人では多くなると思われる。
いよいよ 春の到来である。

DSCN1632.jpg







スポンサーサイト

category: 旅 行けば~

Posted on 2010/03/22 Mon. 02:39  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

オ~ッ!

回復してますね^^
新しい相棒、決まったんだ♪

woo #- | URL
2010/03/22 09:33 * edit *

きなこは綺麗に洗い流しましたか?

思い立ったらすぐ行動できるなんて、まだまだお若い!やっぱり可愛い少年だわ!(笑)

今頃の京都、もう少し立つともっと人で一杯になります。

人混みさえなければ私も大好きなところなんだけど・・・
あぁ、「鍵善」の葛きり食べたくなったなぁ。
花より団子じゃ。(笑)

kerako #- | URL
2010/03/23 11:15 * edit *

奈良の話は素通りでした。(笑)

今度行ってくるから穴場教えてね!

kerako #- | URL
2010/03/23 11:17 * edit *

そうですね、奈良の都は京の都に比べると大陸の匂いを強く感じます。
寺院仏閣は断然奈良に1票を投じます(笑)
「大和うるわし・・・」ですものね。
京の都は雅さがある。白粉のにおいがする感じ、かな。。。
どちらも「さすがミヤコ」って頭を垂れるのみです。

朔夜 #- | URL
2010/03/23 16:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/23-97a869b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)