09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

冬の華 




寒風吹く土手に 白い花が ひっそりと咲いていました。
季節はずれのワタスゲのようにも 見えるのですが・・・

年末に この場所で コミミズクが猛禽に襲われ 落命したのです。
あれから もうすぐ一ヶ月経つのですが 昨日 目を向けると
コミミズクの羽が枯れ草に留まり 
手向けの花のように ひっそりと「咲いて」いたのです。
狩るモノ、狩られるモノ、弱肉強食の世界ではありますが 
コミミズクも猛禽の前には 弱い存在となるのです。

コミミズクは命を全うしたということなのでしょうけれど 
この哀しい白い花を見た時 私は言葉を無くしました。

スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2017/01/30 Mon. 20:07  edit  |  tb: 0   cm: 1  

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2017/02/09 08:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/221-d4b4595b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)