09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

その「時」は突然に・・・北帰行 

好き

3月12・13・14日と3日間 越辺川へ通った。
河原にブルーシートを敷き 白鳥達を日がな一日 見続けた。
時には 釣り用の携帯椅子を手に 河原を移動しつつ 写真を撮り続けた。
シートに寝そべり 川風に吹かれる日向ボッコは最高なのだ。
旅立つ日は近いにしろ 白鳥達は暖かくなってきた川で 
ノンビリと過ごしていた。

白鳥は渡りする直前 身体を軽くする為 餌を食べなくなるそうだ。
しかし あいも変わらず 差し入れがくると 競って食べている。
去年の渡りは 4月に入ってからだったとか、今年も 渡りは まだ 先かな?
今週末の三連休も 時間をやりくりして 彼らに会いに行こうと思っていた。

川の流れに身を任せ 水浴びする姿
白い羽毛を水にくぐらせながら水と戯れる姿 実に美しい。
飛び散る飛沫に 太陽の光が反射しキラキラ輝き 
白鳥の美しさは増すのである。

たおやかで 柔らかな身体の曲線   
首を伸ばし 身体をくねらせる羽づくろいの姿 優雅で美しい。
真っ白な羽に 薄っすらと光が透けて 羽はレースのようにも見える。

私は 白鳥の どんな姿も好きであるが 
とりわけ飛翔する姿は 大好きである。
初めて その情景を見た時 一瞬 涙が出そうになった。
細い首を真っ直ぐに伸ばして 前を見て飛翔する、 
大きな翼で風を抱き 悠々と飛ぶ姿は 神々しささえ感じる。
編隊飛行を見た時など ワクワクした。
「コウ コウ」と啼き交わす声も 優しく好きである。

syuudann.jpg

白鳥達は 5時頃から ネグラに帰る。
その集団飛翔する姿を カメラに収めようと 粘っていた。
夕焼けが 綺麗であった。
陽は長くなったとはいえ 5時頃は薄暗く 川風は冷たい。
白鳥ウォッチャーの方々も ほとんど帰られた。
白鳥達は上流に向かい 川の中程に 集結し始めた。

5時25分だった。 
合図があった訳ではない。
突然 集まっていた白鳥達は 啼き交わしながら 
水面を蹴って 次々と舞い上がっていった。
アッという間のことであった。
素晴らしい光景であった。
私の目の前 白鳥達が 次々と通り過ぎていった。

あまりにも急なことであったので
私はあわててカメラを構え 高速連写で彼らの姿を写した。
が デジカメ初心者である。
慣れないこと すべきではなかった。
すぐ 再生し確認したところ 全てピンボケであった。

それでは 頭上旋回の姿をおさめようと 
彼らが旋回し 頭上に戻って来るのを待った。
待てども待てども 彼らは旋回してくれない。
戻ってくれたのは たった3羽のみ。
あの大集団の白鳥達は 戻ってはくれなかった。

旅立ち

今日 白鳥ウォッチャーの方から 川は静かになったとお聞きした。
白鳥達は 旅立ってしまった様子である。
あの素晴らしい飛翔は 北帰行だったのだ。
彼らは シベリヤへ帰っていったのだ。

実に アッパレな別れであった。
見事なラストシーンであった。
旋回をせず 北へ一直線に 飛んで行ってしまったのだ。
ウォッチャー氏は
「残された者の 悲哀を感じるため まだ暫く 川へ通う」と仰った。

俵万智氏の短歌に

旅立って ゆくのはいつも 男にて カッコ良すぎる 背中見ている

というのがある。
私は カッコ良すぎる姿を 見上げたのである。
目の前を通り過ぎていく 白鳥の美しい姿も目に焼きついたが
あの白鳥の羽ばたきの音 まだしっかりと耳に残っている。
あの数である。
素晴らしい「音」であった。
お腹に響く 力強い音であった。

越辺川 とうとう静かになってしまった。
半年後の再会を待とうと思う。

aa.jpg




  


スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2010/03/16 Tue. 00:28  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

その内、ご自身が白鳥に・・^^

まだ寒いですから風邪引かない様に!

woo #- | URL
2010/03/16 00:52 * edit *

あぁ、素晴らしい!
それしか言えません。
本当はプロの目からみれば大したことないのかも知れません。失礼!(笑)

でも私の好きな写真です。
元々、何事も感覚で判断する単純な人間ですので、こんなこと言ってしまうのかもしれませんね。
だって専門的なことは何も分からないんですから・・・
一眼レフ欲しかろう?持ってるも~ん。(笑)
望遠も。夫がね(^_-)-☆(笑)

私は彼に1万円を渡して、デジカメを譲り受けました。。
ケチな男でしょ?プンプン!
でも普段大きいの持って歩くの面倒になったみたいで、私のデジカメ借りて行くの。

「貸し賃100円!」
請求しますが払いません。(笑)

kerako #- | URL
2010/03/17 17:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/22-7166ef49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)