03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

風の鳥ーアネハヅル 

アネハ


標高8000m級のヒマラヤ山脈を越えて長旅するアネハヅルが飛来。
ヒマラヤの山々に生まれる上昇気流を翼に抱き飛翔するこのツルを 
現地のシェルパ族の人達は 親しみをこめて「風の鳥」と呼ぶそうだ。
赤いルビーのような この子の美しい瞳はヒマラヤの白き峰々を見たことがあるのだろうか・・・

上昇気流が湧き上がるのを仲間と待ち 気流に乗ってヒマラヤを越えるのですが、
ツル達に都合の良い?気流は中々生まれないそうで 
気流に乗れても ヒマラヤを越える事自体がすごく難しく
彼等の飛翔を待ち構える猛禽もいるそうです。
何度も何度も失敗を繰り返し アネハヅルは 粛々と山を越えて 目指す地に向かうそうですが
そういう野生の逞しさを ヒマラヤを背景に 眺めてみたいです。


EG7A0001pp.jpg


首から胸には ボリュームある暖かそうな黒い羽毛が密生しています。
風に吹かれるとフワフワとなびき 後ろから眺めると 馬のタテガミのようで とてもお洒落なイデタチです。


EG7A9650.jpg


EG7A9640.jpg


EG7A0112.jpg







スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2017/01/19 Thu. 07:46  edit  |  tb: 0   cm: 11  

コメント

会いたいわ〜♪

シェルパ族の方々は、なんて素敵な呼び名を付けるのでしょう!
アネハヅルが果敢にヒマラヤを超える勇姿を想像するだけで、ゾクゾクした^ ^
張りのある羽毛も、彼の地を超えるには必須ですね(^_−)−☆
羽の色合いが、空を飛んだからとも思えたりして(笑)
あれ?これって蜻蛉のメガネの歌だったわ(笑)
鶴にも会いたいけれど、ヒマラヤへも行ってみたいです(^^)

朔夜 #- | URL
2017/01/19 18:08 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2017/01/19 18:42 * edit *

アネハの撮影おめでとうございます。
今週末、私もちゃれんじしてみますねぇ

とりおやじ #- | URL
2017/01/19 23:47 * edit *

朔夜姫

この優しげな姿から 英語圏での名前は「若い娘」と呼ばれるそうですが
モンゴルでの名前は「お爺さん」だそうです。
ツルの頭部を後ろから見ると 目の下から流れる白い飾り羽が
禿げ上がった頭部に残った白髪に見えてくるのです。
痩せたお茶の水博士の後姿を想像してしまった(笑)
ともあれ 愛らしいツルではあります。

imari #- | URL
2017/01/20 09:00 * edit *

鍵コメさま

お疲れさまでした。
逢えただけの嬉しさ、
撮影できた楽しさを ツルから貰ったと 今回の飛来に感謝です。

満足いくもの写せなかったので・・・静かになったら 再訪したいです(笑)

imari #- | URL
2017/01/20 09:04 * edit *

とりおやじさん

滞在しているうちに ぜひぜひ逢いにいらしてくださいな。
私も 機会がありましたら メイン機持って 写させてもらいたいです。

写真 楽しみにしています。
できれば飛翔シーンを(私は 失敗しました)

imari #- | URL
2017/01/20 09:09 * edit *

imariさん、こんにちは。

ナベツルというのは、初めて知りました。
関東圏にもツルが飛来するんですね。
田園風景にツルは似合います。

#NgDLdiQA | URL
2017/01/20 14:16 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2017/01/20 14:57 * edit *

ノンユーさん

意外と 関東に鶴は飛来しています。
今回のアネハは秋に埼玉に来た個体で数か月ぶりで 舞い戻ってきてくれたのです。
一昨年は 埼玉にナベヅルの成鳥が飛来し 数か月滞在してくれましたし
数年前は ソデグロヅルが千葉に飛来し これも居続けてくれました。

アネハヅルは ヒマラヤを越えて行くということで
心情にうったえかけるといいますか
ロマンを感じさせてくれます(笑)

imari #- | URL
2017/01/20 16:39 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2017/01/20 18:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2017/01/20 19:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/219-d60dd81a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)