09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

貧すれば・・・? 



ランチに 近くのファミレスに出かけた。
給料日直後である、ちょっとした贅沢である。
贅沢と言っても わずか700円足らずの プチ贅沢である。

ランチメニューの一品 チキンのチーズ焼きを オーダーした。
健康志向の昨今 ライスは 雑穀米のチョイスもできるとかで 
私も 雑穀米をチョイスし 本を読み始めた。
昼の時間帯である 私の隣に 暫くして 中年の男性が座った。
10分足らずで 私より遅れて座った男性に先に料理が運ばれてきた。
「?」
料理は 私がオーダーしたチキンで おまけに ライスは雑穀米であった。
こんな偶然もあるのかなぁとも思ったが 
男性が食べ始めたので私は 本を読み始めた。

待てども 待てども 私のランチは来ない。
休み時間は 一時間。
私のオーダーを取ったウェイトレスを呼びとめ 
もしかしたら 隣の男性の品は 私のではないかと尋ねてみた。
案の定であった。
ウェイトレスは平身低頭。
半分以上さらげられた 男性のランチは すぐ下げられ「作り直します」
私には「しばし お待ちください」とのことであった。

暫くたって 男性の元に 彼のオーダーしたランチが運ばれてきた。
私のオーダーしたランチとは 全く違うメニューで おまけにパンであった。
「?」
彼は 又 「彼のランチ」に箸をとった。
私のランチを 半分以上平らげた彼の方に 先に料理が来たことに
私はカチンとした(人間 できてないなぁ)
待たされて 空腹であるし 彼よりも前に 私はオーダーしている。 
被害者(?)は 私である。
なのに 彼のランチが先とは!
少し気を回せば 私のランチから作るべきではないかと 
気の利かない店側に 少々(いや かなり)腹がたった。
食い物の恨みは 恐ろしいのだ。

待ちながら 考えた。
ごく普通の客であれば 自分のオーダーしない物が来た場合
その間違いを 店側に告げ 自分の品を待つのでは ないかと。
料金を払うのは 自分である。
間違ったものに  たかだか1000円足らずでも 
料金は払いたくないと思うのだ。
もし 彼の元に 値段が高いステーキなど 運ばれてきた場合 どうしただろうか。
彼は 箸をつけただろうか?

彼は 間違ったメニューを承知で 食べたのではないかと思った。
いずれ その間違いは 待たされている客から 指摘される。
そうなれば 彼のランチは 当然作り直される。
彼は 一回分のランチの金額で 2種類のランチを味わえるのだと。
これって 考えすぎであろうか。

客のクレーム等を受ける仕事柄 客の「質」が変化しているのを感じる。
良い方へのシフトではなく その逆である。
世知辛い昨今 人の気持が 悪い方へ向っている気がするのだ。
荒んできているというか 怖さを感じる事すらある。
企業に対してだけではない。
昔だったら ホドホドの処で「寸止め」し 手打ちをしたと思う。
ホドホドの処の場所が ずれてきている気がするのだ。
今は「言ったモン勝ち」「やったモン勝ち」「ダメ元」という姿勢が見え隠れする。
企業側は 客のクレームに戦々恐々。
クレーム対応に 必要以上 神経質になっているところを感じる。

暫く経って 私のランチが運ばれてきた。
デザートでも?との申し入れもあったが 
そんなものを ゆっくりと味わっている時間もない。
くだんの男性は しっかりと彼のランチを召し上がられて
「ご迷惑を おかけし 申し訳ございませんでした」
という声を背に 席をお立ちになった。
この場合の「迷惑」とは なんであろうか。
間違ったものを 食べさせられたこと?
再度 新しいランチを作るのに 待たされた事?

「貴方 それって 納得ずくじゃありませんか?」
彼の答えを 聞いてみたい気がした。

※画像は 大好きな京都の店の洋風弁当です。
この文章とは関係ございません。今 一番食べたい大好きな味ということで アップをば。
スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2010/03/02 Tue. 08:35  edit  |  tb: 0   cm: 6  

コメント

ボクも答えを訊いてみたい^^;
まあ、面倒だからいいやッてケースもあるけど
それなら「もう食べちゃったからイイよ」って
言いそうなものですね・・

woo #- | URL
2010/03/02 09:50 * edit *

試練の時ね(^_^;)

なんとまぁ、酷い目にあったことか!
厨房の中は現場と直結していなかったと言う訳ですね。貴女のランチは隣の「彼」に間違って手渡され、しかも間違いが発覚しても、時系列順に作ってしまった「彼」のランチが又しても彼に届いたと。。。
せめて、もすこし遠くに座っていてくれれば、目の当たりにせずとも良かったのに。
たいして慰めにもなっていませんね、申し訳ない。
私も大いに花より団子寄りなので、お気持は察するに余りあります。私の心情を、もっと詳しくお知りなりたき場合は、例のサイトのあそこでご確認ください。同時にやり取りしている例のやつに辿りつけます(笑)
そして双六ヨロシク「あがり」です♪

朔夜 #- | URL
2010/03/02 12:34 * edit *

私も断然花より団子派です!(キッパリ!)

想像しただけで腹がたってきた。
どうも今日、私は気が立っているみたいです。
私ならその人に
「恥ずかしくない?頼んだ物も覚えてないの?」と聞くね、今はね。
気が立っているから。(笑)
ガゥ~~、近寄るものは食べちゃうぞ~。

kerako #- | URL
2010/03/02 15:19 * edit *

たかがランチ客、されどランチ客・・・
私の勤める食堂では単品上限が500円です(笑)
まぁ、それはさて置き。。。
ちょっと限定的な問題として捉えます。
先ずはその店の危機管理がなっていない。
もちろん、配膳ミスをしたウエートレスに問題ありですが、クレームを受けたことが歴然なのにそれをその時の上司に上げていないか、又は聞いたその上司が素早く対応した形跡が見られない。
昼食時はどこも“戦場”と化します。それは食べる方に取っても、提供する方に取ってもです。
キーポイントは“時”です。つまり、時間勝負ってことですね。
今は“ランチ難民”が出ると言われているほど、どこで何を食べるかが結構重要な問題となっているそうです。誰しも短い休憩時間を有効に使いたいものです。そして、午後に向けてお腹を満たし、気分を落ち着かせたいところです。
一つのクレームは更なるクレームを呼び込みます。伊万里殿の周りにはその男性以外の客もいたのではないですか?周りの第三者は、何か不味いことでも起きたのでは!?と意外と聞き耳を立て、ことの“推移”を見ていたりするものです。何か可哀想と思うのは単純なおバカさんとしても、殆んどの人は店側がどんな“対応”を見せるのかに関心を寄せる筈です(笑)
結果は取り返しの出来ないダブルミステイク!!
デザートでも?おちょくってんのか、この野郎ーとか言ってやりたくなるセリフですね。。。(苦笑)
そして、件の中年男性氏・・・最早何をか言わんって感じすね。一事が万事って気がします(笑)中年だろうと若年だろうと、テメエの食べるもの(注文したもの)に対してはある意味で“真剣”であり、とてもシビアーです。
この企業体が貧しているのかは分かりませんが、実際の現場では鈍化が始まっていることだけは確かなようですね。現下の消費不況ではまさに命取りとなる事例でした。
伊万里殿・・・「出くわす状況」に余り良いリズムを感じませんが・・・

和久 #- | URL
2010/03/03 09:39 * edit *

老若男女問わず、先の方が言われているように
皆、どこか“主体”も“客観視”もかすんできたような
心のセンサーが劣化してきたような印象を受けます。
おそらくはそこでクレームを放ったところで
どうなるものでもないでしょう。
それ以前の問題ですし、そもそも責任をとることさえ、
いやヘタをすると逆ギレされて
自分自身をとりまくこの環境に絶望します。
言ってもわかりませんから、こういった連中は。
“とりあえず”食べたその男性も知れたもんです、人として。
帰った職場で「何だかもうかったよ」などと
自慢げに同僚に話すのが目に浮かびます。
なんせバカなんですから。
自覚や立場や何より“慮る”という気持ちが
欠けてしまった昨今、
若者の目を見てなんだか“気”が無いなぁと感じるのは
僕だけではないはずです。
そして街のあちらこちらでみかける傍若無人な老人たち…。

さて、そのバイオリズム、変えてみましょうか。

den #- | URL
2010/03/03 10:13 * edit *

兄さま

え!
面倒だったら 食べちゃいますか?
私は キッパリ「間違っています!」と言います。
仕事していますと ランチタイムは 貴重な時間です(笑)
仕事のストレスを 手っ取り早く解消できるのが
ランチ、
それなのにこの日は 時計見ながら イライラして 仕事しているよりも 
ストレス貯まっちゃいました。

横取り男性 又会ったの。
「いつぞやは ど~も!」と挨拶してやりたかった(笑) 

imari #- | URL
2010/03/06 22:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/19-a1a6e9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)