05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

春は恋の季節~♪(笑) 

どんな野鳥も大好きなのですが
特に猛禽類には 心を鷲づかみされて 数年経ちました。
翼を広げると2mを越えるオオワシも好きですが 逆に小さな身体で 狩りをする小型猛禽類にも 心惹かれるものがあります。
特に 愛嬌ある面差しのチョウゲンボウは 身近で観られることもあり親近感が湧きます。
そんなチョウゲンボウが 今年も営巣しはじめました(嬉)

コンクリートで作られた人工物は この季節 野鳥アパートとなっていて
たくさんのムクドリ スズメが営巣しています。
この野鳥アパートの一画に チョウゲンボウ夫婦の愛の巣があります。
まだ抱卵はしていないようなので オスはメスのご機嫌とりに せっせと貢物を捧げにやってきます。


プチEG7A9054


時間にはバラつきはありますが 30分に1回のペースで 彼は何かしらの獲物を彼女の元へ運んできます。
この獲物は 小さな野ネズミのようです。


プチEG7A9068


頑張って狩りをした獲物を 落とさないようにと ホバリングしながら用心深く着地。
この日の一番の大物のネズミです、さぞや重かったことでしょう(笑)


プチチョウゲン


着地したら さっそく彼女に呼びかけをします。
得意満面、嬉しそうなチョウゲンボウです。
頑張ったね!お疲れ様!と 声をかけたくなります。


プチSY5A4801


彼の呼びかけで 姿を現した彼女。
おもむろに 貢物を食べ始めます。
それを 優しく見つめるフェミニスト?チョウゲンボウ。
子育て前の 静かな甘い時間が 流れて行きます。

さ~て 今年は何羽の チョウゲンジュニアが生まれるでしょうか、楽しみです。



スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2016/04/11 Mon. 22:52  edit  |  tb: 0   cm: 3  

コメント

imariさん、こんにちは。

チョウゲンボウも営巣の準備ですね。
かなり近そうで良いですね。

今冬は猛禽類との出会いが少なくて残念でした。
私にとって猛禽撮影はスポーツみたいなもんで
緊張感があって楽しいです。

ノンユー #NgDLdiQA | URL
2016/04/14 10:13 * edit *

ノンユーさん

フィールドでは 中々近寄らせてくれない猛禽ですが
営巣ポイントでは ちょこっと距離を詰めてくれるようです。
デリケートな時期なので 短時間で観察し 即 辞去。
なるべくストレスを与えないように 
こちらも神経使っています。

猛禽撮影は 私にとってはスポーツというより
ギャンブルです。
当たり外れが 大きくて・・・

安定して すっきりとした絵が写したいです。



imari #- | URL
2016/04/15 21:48 * edit *

お久しぶりです。
ご無沙汰して申し訳ありませんでした。
チョウゲンボウ綺麗に撮られていて、羨ましいです。
ナイス!

とりおやじ #- | URL
2016/05/01 17:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/182-2c573a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)