03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

小さな「春」 

カタクリ1


近所の小さな運動公園の片隅に カタクリのささやかな群落があります。
フカフカの落ち葉の絨毯の中で うつむき加減でひっそりと開花する姿は
はにかむ少女のようです。

生を受けて地上で開花するまで カタクリは7~8年を要するそうです。
早春に発芽し 姿を現すののは 僅か一月ほどと短い所から
スプリング・フェラメル=春の妖精とも呼ばれるとか。 
カタクリの大群落も美しいですが この場所のカタクリのように 
ポツポツとひっそり開花する姿も美しいものです。

    
      もののふの 八十をとめらが くみまがふ
                      寺井の上の かたかごの花(大伴家持)



カタクリ





 
スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2016/03/27 Sun. 22:40  edit  |  tb: 0   cm: 8  

コメント

imariさん、こんばんは。

なんと日本的で清楚な紫、可憐な花ですね。
花は好きなのですが、詳しくなくて。
『カタクリ』 聞いたことはありましたが、
名前と姿がはじめて合致しました(*^▽^*)
野に咲く花も良いですね。

ノンユー #NgDLdiQA | URL
2016/03/28 00:29 * edit *

小さな春

imariさん、今晩は
ご近所にカタクリが咲く公園があるとはいいですね。
私は、近場によいところがないので、小川町や寄居に行きました。
可憐で美しい花なので私も撮りましたが、imariさんのようになかなか上手く撮れません。

ハロゲンくん #- | URL
2016/03/28 20:33 * edit *

花も写すのね♪

長い睫毛を伏せて物憂げに、そんな風情の薄紫の花。
咲くための力を蓄えじっと地中で待つなんて、どこまでもいじらしいでは有りませんか。地面には冬の落ち葉がこんもり積もっているのに、そんな中での緑の葉は「ああ森は生きているんだ」って気づかせてもくれますね。やっと咲いた花は天を見上げるでもなく、遠慮がちに自分の足元を見つめる。いえカタクリは自分を生かしてくれた足元の土や病葉にお礼を言いたかったのかもしれません。
こんな物語が浮かんできたimariさんのお写真でした(^^)

朔夜 #- | URL
2016/03/28 21:05 * edit *

ノンユーさん

お目当ては この花だったのですが
この場所は 野鳥も多い「美味しいポイント」なんです。
カタクリと野鳥を写そうと思ったのですが
結局 鳥は一枚も写しませんでした(笑)
アオゲラ、コゲラ、ヤマガラの囀りを聞きながら
カタクリに遊んでもらいました。

山野草を写すのも 面白いですよ~♪
山野草も鳥撮りの時 チャレンジなさいません? 

imari #- | URL
2016/03/29 10:37 * edit *

ハロゲンさん

後で知ったのですが
このカタクリの群落のそばに
春蘭も有ったそうです(残念っ!)
昔 森へ行くと 春蘭の花も そこそこ咲いていたのに
今は 中々・・・見られません。

今は虫も少ないですし 山野草写すのも 楽ですね!

imari #- | URL
2016/03/29 10:40 * edit *

朔夜姫

はい!花も写してみました(笑)
Ⅰ長の言葉「少し鳥から離れたら?」を ちょっとだけ実践よ。
しかしメインは 鳥なんだなぁ。

花は老後に取っておいて 動ける内は 鳥を追いかけたいです。
でも 可愛い山野草に会ったら おそらく写すわね。

ごそごそシートを敷いて 小一時間枯葉絨毯の上で寝ころんで写していたら
公園職員に声かけられました。
不審者に思われたみたいです(爆)

imari #- | URL
2016/03/29 11:08 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2016/03/31 07:16 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |
2016/04/08 08:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/181-61ef54a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)