05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

一人ぼっちのトモエガモ 




近くの公園にトモエガモ1羽が逗留している。
小さな池、30羽弱のヒドリガモに混じって ちょっと距離をとり 泳いでいる。
カルガモ、マガモも逗留しているのだが 身体が小さなトモエガモは 肩身が狭そう。
混群のようでも ヒドリガモからちょっと離れて 小さな池を行ったり来たり、
ちょっと浮いた存在のトモエガモ。


SY5A1748.jpg


泳ぎ疲れたのか 池奥の張り出した木の下へ行き 止まり木にドッコイショ。
右手に佇むヒドリガモに較べても 身体は一まわり小さい。


SY5A1769.jpg


羽毛に顔を埋めて コックリコックリ・・・穏やかな時間。


SY5A1742.jpg


そうはトンヤは卸さない・・・後ろに来たヒドリガモに 背中を押されて 止まり木から転落。
優しそうな顔をしたヒドリガモ・・・トモエガモに チョッカイを出したのです。


SY5A1332.jpg


トモエガモの名前の謂れは 顔にあるトモエ型の模様とか、
このトモエ型の模様が 私には 一人ぼっちの彼が流した涙の跡に見えました。
県内にある 貯水池には トモエガモの群が入っています。
そちらの方に合流するほうが 彼はのんびり越冬できるのでは?

分布が極東アジアのごく狭い範囲に限られ、日本国内の分布域も狭い絶滅危惧種のトモエガモ、
こんな小さな身体で シベリア東部から飛来するとか・・・頑張れ!







スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2016/02/08 Mon. 00:35  edit  |  tb: 0   cm: 5  

コメント

imariさん、こんにちは。

水面が輝いているのが良いですね。
こういうのが好きです。

かも等の水鳥は河原では滅多に見れません。
昨日バンとサギを撮影しましたが、
小鳥より難しいですね。

ノンユー #NgDLdiQA | URL
2016/02/08 11:10 * edit *

ノンユーさん

私は 水鳥類も小鳥類も手ごわい相手です(苦笑)

このトモエ君も 実際はメタリックなグリーンの羽毛が
美しい鴨なのに 私が写すとあの羽毛の光が出ません。
太陽光線が強いと色が飛んでしまい 白っぽくなるし
露出補正をアンダーにすると 暗くなって色がくすむし・・・
実に難しいです。

目の部分が 黒い羽に覆われていると 目の光も弱くなるし
毎回 がっかり写真を写しています。

imari #- | URL
2016/02/09 10:52 * edit *

こんにちは

ひとりボッチの(一羽ボッチ?)のトモエガモ。
如何でしたか。光の屈折により色が変化する・・・構造色・・・難しいですね・・・でもそんなことはどうでもイイこと。

ブログ読ませてもらっています。
被写体に対する優しいキャプション。心が癒されます。

リンク(gooではブックマーク)させてもらいました。

比企の村びと #4n5Sc61Y | URL
2016/02/10 09:38 * edit *

トモエガモ

こんばんは。
トモエガモは未だ見た事ありませんが、一枚目の写真があまりにも綺麗で感動しました。トモエガモのグリーンと水面のグリーンが同調してとても美しいです。

ぴっぴ #- | URL
2016/02/14 23:12 * edit *

imariさん、こんばんは!

坂戸市内のお蕎麦屋さん
友人からの口コミで通うようになりましたが、その日によって違いますが
当日分売切れに何度か出会い、しぶしぶと他の店に行ったことあるくらい
ちょっとした評判の店です。蕎麦の量も多く、デザートも付きます。
この店のことを丁寧にUPしているブログを参考にしてください。
http://yurayuragusa.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
*定休日は要注意です。

ひげ爺 #eHP7HEy2 | URL
2016/02/28 17:43 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/178-e41789af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)