05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

美しい「オスプレー」飛来 

20150927 EH0A6326


戦闘機のオスプレイには賛否両論ありますが
このオスプレイには 鳥を愛する方々 特に猛禽を愛する方々は 無条件で心を奪われるのでは
ないでしょうか。
この愛しきものが とある処に現れると聞くと お尻はウズウズ 心はソワソワ
早朝から 待ち合わせの場所へ駆けつけ 姿が見えるまで 我慢強く待つのです。
この 約束時間未定の待ち合わせが 楽しくて仕方がないのです。

特徴ある飛来姿で 愛しきオスプレイが姿を見せると
大砲を構えたカメラマンさんの間に 緊張感が静かに広がり
オスプレイの美しい姿をカメラに写し込もうと 必死にファインダーで追うのです。
連写の音が広がる瞬間は 緊張、集中、期待がシンクロする時間でもあるのです。

悠然と飛来したミサゴは 数回旋回し 躊躇することなく まっすぐに水面に飛び込む。
水しぶきとともに 足にブラックバスを掴み お気に入りの木に飛んで行きました。
距離は かなり有るのですが 美しい姿を見ると ヘボな腕の私は下手な鉄砲を 乱射、
ついつい シャッターを切ってしまうのです。


EH0A6330.jpg


この立ち木は この個体のお食事場所で うまくバランスを取りながら 獲物を口へ運ぶのです。
評判が悪いブラックバスであっても ミサゴにとっては美味しい獲物。
この外来種 満腹になるまで 食べて貰いたいと思うのです。

20分ほどかけて ブラックバスを完食したミサゴ。
この定位置で 一服して フワリと飛び立っていきました。
腹ごなしの飛翔でしょうか、遠く飛び去る姿を見送って 次の機会を楽しみに 撤収しました。








スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2015/09/28 Mon. 23:06  edit  |  tb: 0   cm: 6  

コメント

imariさん、こんにちは。

ミサゴの撮影、見事ですね。

今期は、まだ見れてません。
そろそろかな、とは思ってるのですが。

毎年見る事が出来る唯一の鷹です。

ノンユー #NgDLdiQA | URL
2015/09/29 07:34 * edit *

うふふ、オスプレイもこんな環境に優しいものならいいのにね。
ブラックバスを抱えての飛行にも木の上での食事にも、あんぐりしながら見入ってしまいました。
初めて見るミサゴの様子に、私は日々を「生ぬるい生活送ってるな」と、思う事仕切りだからです。
身体の割りに大きな魚を食べるのね。
猛禽!恐るべしです。
独り(一羽)で生きる清廉さも感じる1枚でした。
驚きの光景をお届け頂き、有難うございました。

朔夜 #- | URL
2015/09/29 10:22 * edit *

ブラックバスを捕まえたミサゴすごいですね!
こういうのを撮りたいのですが...
なかなか、腕がついて行きませんw

とりおやじ #- | URL
2015/09/30 22:27 * edit *

ノンユーさん

ミサゴまでの距離が遠すぎて 私のレンズじゃ鮮明な絵は なかなか・・・
キレの有る絵が写せずとも 精悍な姿を眺められるだけでも満足です。

ミサゴポイントは数箇所押さえてはいるのですが
大きなレンズじゃないと(苦笑)

猛禽の季節 近づいてきましたので
ミサゴ以外の鳥も 追いかけるつもりです。

imari #- | URL
2015/10/02 15:39 * edit *

朔夜姫

水面が波立つと 乱反射し 水中の魚は上空から見づらくなるのです。
なので ミサゴの狩りの条件も 結構狭い時間帯なのです。
水に飛び込んでも 空振りも多く 観ている方はヤキモキしてしまいます。
このミサゴお立ち台には 時々オオタカも留まるので
猛禽に出会うには良いポイントなんですよ。

imari #- | URL
2015/10/02 15:46 * edit *

とりおやじさん

何を仰いますやら!(笑)
いよいよ猛禽のシーズン到来です。

チャンスは 絶対訪れますから
待てば海路の日和ありで・・・

imari #- | URL
2015/10/02 16:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/164-0008e877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)