03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

See you next year! 

4月下旬から 2ケ月あまり 時間が有る限り ツミの営巣を観ていた。
今日も 出かけたのだが 親ツミも 幼鳥ツミたちも 姿が見えなかった。
同様に 彼らを観察していた カメラマンの姿も 今日は見えなかった。
まだ ツミ一家は近くには居ると思うし 高い木の葉陰で 下界を見下ろしていると思うのだが・・・

この2ケ月 随分写真を写させてもらった。
枚数は かなりの枚数になるのだが その1枚1枚には それぞれ思い出もあるし
私にとっては それら拙い写真全てが 宝物なのです。
命の誕生は どんな生き物でも 嬉しいものです。
生れ落ちたものが 親の庇護も元 成長していく過程は 中々大変なものだと 
ツミの子育てを通して 再認識した2ケ月でした。

来年も ツミがここに飛来して 子育てをしてくれる事 願っています。


ツミメス


小型の猛禽ツミ・・・
この時は 私の頭上の木に 巣から飛び出し 留まったのです。
5mちょっとの至近距離で 写せました。
周りには どなたもいらっしゃらず 1対1で しっかり写させてもらいました。
警戒心も緊張感も感じられず 子育ての合間の一休み、といった感じでしょうか。

猛禽を写す場合の肝は 鋭い目だと思うのですが
鋭い金色の目を金色のマナザシが リラックスしているといいますか・・・ウルウルしているといいますか
猛禽にも こんな愛らしい表情が有るのかと ちょっと認識新たにした瞬間でした。
ちょっと身体を斜めにひねって 片足を上げたスタイル・・・自分で写したものなのですが
可愛くて 見飽きません(自画自賛のバカです 笑)


「ツミ子 お疲れ様」
「うん、子育てって 大変よね~!疲れちゃった」
「もう一頑張りだから 辛抱ね」
「そうね」

レンズを通して 一方的に お話ししました(笑)




スポンサーサイト

category: 写真

Posted on 2015/07/11 Sat. 19:23  edit  |  tb: 0   cm: 3  

コメント

貴重な一枚

 こんにちは。台風一過ですが、すっきりしませんね。
ツミは、最小の猛禽類だそうですが、可愛い顔をしてますね。
目が愛くるしいですよ。撮り方が上手なのかな。
小笠原で、ノスリというのを見たことがありますが、
ツミより少し大きいですね。
貴重なワンショット素晴らしいです。

西恋おじん #q1wBEWu. | URL
2015/07/18 15:35 * edit *

西恋さん

ツミも 立派な猛禽でして
このあどけない表情は 珍しいと思っています。
随分 ツミの写真を写しましたが 
他の写真は 鋭い目をした 凛々しい風貌の写真ばかりです。

末っ子ツミは まだ営巣の所に居座っているそうですが
私は 確認できません(苦笑)
幼鳥といえども 立派な猛禽に育ったようです。

imari #- | URL
2015/07/20 21:33 * edit *

ツミの子育て・・・自然って素晴らしいなあ

今朝、こちらのブログから私のブログに閲覧があって、ああ、あの時の・・・と、何となくわかりました。
画像も端麗ですが、キャプションが詩的ですね。

それからコメントを見て、URLで辿って、黒澤さんのブログとわかりました。

この公園のブログは同じころアップしています。小さな地域の公園なので場所は特定していません。それがわたしのスタンスです。

コメントありがとうございました。

比企の村びと #4n5Sc61Y | URL
2016/02/09 11:43 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/153-c84938e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)