05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

青葉繁るころ 

青葉が繁る頃に飛来してくるから名づけられたアオバズク 
当地の営巣地に来てくれました。
五月中旬頃より 何かついでが有るたび 何回もこの大ケヤキの元に足を運んだが
とうとう大きなレンズを装着したカメラを持った同好の士に会えた。
「今 良い位置に居ますから 早くお行きなさい」と声をかけられ
ニマニマ ワクワクしながら ケヤキポイントへ。


SY5A2842.jpg


樹齢800年を超えるという大ケヤキ、高さは30m、根元回りは6m以上ある古木で
この時期 青々とした葉が繁り アオバズクの姿は 実に探しにくい。
ありがたいことに 先客がお一人いらして じっとファインダーを覗いていらした。
横に三脚を据え探すも アオバズクの姿は見つけられず、
先客の方から 教えていただいた。
緑の葉の中で アオバズクのチョコレートブラウンの羽毛は 保護色に変わり ケヤキに同化する。
目を瞑りまどろむ姿は 太古からこの大ケヤキに宿る精霊か
瞑想 求道する隠者の風情である。
風に弄ばれ ケヤキが大きく揺れると うっすらと目を開けるのだが すぐ目を閉じてしまう。 


SY5A2827.jpg


小1時間アオバズクを眺めて やっと目を開けてくれたのだが それは一瞬だった。
彼にとって まだまだ真夜中 睡眠時間だから いたしかた無いこと。
夜は 営巣している妻の為 忙しいのだから ゆっくり眠って欲しい。
1ケ月後 可愛いbabyの姿を期待して 辞去した。



スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2015/06/08 Mon. 21:19  edit  |  tb: 0   cm: 6  

コメント

imariさん

こんばんは!
凄いです・・ね!
図鑑でしか見たことありませんし
関東では見ることは出来ないと思ってました。
しっかり目が開いていますね?

ひげ爺 #eHP7HEy2 | URL
2015/06/09 17:59 * edit *

ひげ爺さん

意外と アオバズクは身の回りに居ると思います。
ヒナが巣立ちする頃を 楽しみにしていますが
ケヤキの中で居眠りする姿も可愛いです。
風で木が揺れたりすると 
エンゼルポーズをしてくれますよ!(笑)

imari #- | URL
2015/06/09 20:18 * edit *

おはようございます。
もう、しばらく出逢っていません・・・。
有名な場所以外での出逢いを期待していますが・・・。
なかなかです・・・。
いつの日か、出逢えることを期待して散歩します。

おもいがわ・omoigawa #- | URL
2015/06/10 07:54 * edit *

 やりましたね。
アオバズクってそういう謂れですか。なるほどね。
でも昼間会えるなんて、ラッキーなんじゃないですか?
兎に角、撮れてよかったですね。

西恋おじん #q1wBEWu. | URL
2015/06/10 11:20 * edit *

おもいがわさん

このアオバポイントは 当地では有名な場所です。
当地では 安全に営巣できる大きな木は なかなかありません。
巣立ちの頃は 入れ替わりアオバズクのヒナを写しに
多くのCMが来る場所です。
マナー違反の方も 中にはいらっしゃるみたいですが
殆どの方は 静かに見守っていらっしゃいます。
ムクドリに場所をとられて 営巣場所を移動したので 
少々写しにくい状況です。
おそらく その方が 彼らにとっては良い事だと思います。

imari #- | URL
2015/06/10 18:23 * edit *

西恋さん

夜 声を聴いた、という話を聞いて
イソイソおでかけしました。
ベッドの中で ウツラウツラしながら声を聞けるだなんて 
羨ましいですね(笑)

彼の留まるポイントって 決まっていて
目が慣れれば どなたでも会えると思います。
日中は 眠ってばかりなので 少々物足りないですが
飛来してくれるだけで 嬉しいものです。

imari #- | URL
2015/06/10 18:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/146-e6161b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)