04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

たかが鷺、されど鷺 




湖北の田んぼを眺めると あちらこちらに鷺を見かける。
集団で田んぼに舞い降り 餌採りをしている。
優雅に佇んでいるようでも 餌を見つけると 動きはかなり速い。


SY5A4725.jpg


ザリガニや蛙、オタマジャクシなど 田植え前の今の時期は 餌は豊富なようで 
細い嘴で器用にドジョウをゲットした。
背中に流れる飾羽がフワフワと風に踊り 餌採る姿は美しく 観続けていても飽きることはない。


SY5A4704.jpg

目の下には 今の時期特有の婚姻色のブルーが出て 
まるでブルーのアイシャドウで 化粧をしたようにも見える。

一般に白い鷺を身体の大きさで 
ダイサギ チュウサギ コサギと単純に分類できると思っていたのだが どうも違うようだ。
最近ダイサギは分類分けで 『チュウダイサギ』と『オオダイサギ』に分類されているとか。

野鳥の世界も 奥が深い。


スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2015/04/22 Wed. 22:43  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

勉強になります

 こんにちは。暫くお伺いしない間に急ピッチでアップ
してますね。レンジャク、チョウゲンボウ、タヌキにイタチまで。
自然はまだまだ残ってますね。大切にしたいですね。
シラサギのアイシャドーは初めて知りましたよ。
流石に観察眼が鋭いです。
勉強になりました。

西恋おじん #q1wBEWu. | URL
2015/04/23 11:27 * edit *

imariさん、こんにちは。

鷺の真っ白な羽毛が綺麗ですね。
婚姻色も綺麗に出てて。
中々難しい被写体だと思います。

以前、河原近くの水を張った休耕田
に舞い降りていたのですが、
再開発で今は来なくなりました。

ノンユー #- | URL
2015/04/23 15:08 * edit *

西恋さん

ご無沙汰です。
お元気でした?

アップなんて とんでもございません。
惚れて通って 下手な鉄砲 数撃ちゃ当たってのコチョウゲンボウでした。
足でかせがないと 自然のものは中々写せないですね。
自然は残っているようでも 
どんどん遠ざかっているように思います。

恥ずかしながら まだまだ勉強中で
このサギ おそらくブルーの婚姻色と脚の付け根が赤いので 
おそらく亜種のチュウダイサギだと思います。
違っていたら スミマセン。

imari #- | URL
2015/04/24 08:44 * edit *

ノンユーさん

コンサートお疲れ様でした。
心地よい余韻の中に ど~っぷりダイビング中でしょうか?

冬季は地元でダイサギ類は よく出会いますが
これからの季節は 姿をあまり見ることはありません。
サギも渡るそうなので そのせいかもしれませんね。

背中に流れる 飾り羽がベールのように美しくて 
飾り羽を広げた写真を狙っていますが・・・
中々広げてくれませんでした(苦笑)

imari #- | URL
2015/04/24 08:54 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/129-aec39e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)