03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

渡良瀬はこれからが面白い 



今年最後の渡良瀬へ行ってきた。
昼頃 遊水地に着くように家を出て ランチは渡良瀬で食べるのが 私の鳥観の楽しみの一つなのだ。


大根ソバ

渡良瀬近辺の名物の大根蕎麦。
蕎麦を大根おろしで食べるのではなく 打ちたて蕎麦を細切り大根と茹でて 一緒に食べる蕎麦なのだが
蕎麦と大根のコラボがとても美味しい。

ツクシガモ


今年の渡良瀬の客人は迷鳥のツクシガモ。
関東への飛来はとても珍しいとか、鮮やかな色彩の鴨を目当ての撮影隊がズラリと土手に並ぶ中
一羽のみで 餌採りに一生懸命。


飛ぶ

午後になると チュウヒが葦原に戻ってくる。
翼を大きく広げ 大きく輪をかくように飛ぶチュウヒ、見ほれてしまう。


葦原


葦原の中 上下にヒラヒラ飛び回る。


チュウヒ


飛び回って疲れたのか、
木にとまって 一休みするチュウヒ。
可愛いなぁ。


スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2014/12/29 Mon. 17:42  edit  |  tb: 0   cm: 10  

コメント

また行かれたのですね。
大根そば、美味しいですよね。大好きです。
このあたりの名物なんですね・・・
珍しい鳥を見ると、嬉しくなるでしょ(^^)

tsukey #yQ3twpAk | URL
2014/12/29 17:54 * edit *

天婦羅がチト怪しいが(笑)

大根蕎麦、美味しそうですねぇ♡

woo #- | URL
2014/12/29 18:19 * edit *

おはようございます。

渡良瀬で大根蕎麦、優雅ですね。
私はいつもコンビニパンです(*☻-☻*)

噂に聞く渡良瀬川、チュウヒ良いですね。
一度行ってみたいと思ってます。

来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。

ノンユー #- | URL
2014/12/30 09:15 * edit *

tsukeyさん

目の前に やらなきゃいけない事が出てくると
逃げ出したくなる困った性分です。
綺麗な冬空を見てしまうと ウズウズと・・・

大根蕎麦 この店のお蕎麦 量が多く安くて美味しくて
それもあって ついつい出かけたくなるのです。

お店の片隅で自家農園のお野菜も販売していて
一石二鳥の「美味しい」お店なんですよ(笑)
今日も 晴天
冷たい風に呼ばれています・・・困ったな。

imari #- | URL
2014/12/30 10:54 * edit *

wooさま

痛い所 チクチクです(笑)
天麩羅専門店ではなく どちらかといえば鄙にある茶店・・・
という感じのお店なので お蕎麦のみをご覧くださいな(笑)

この大根蕎麦 サッと湯がいた大根と打ちたて蕎麦をたぐると
大根のシャキシャキ感が アクセントとなって
蕎麦の風味が口の中で増してくる優れもの、
我家でも パクろうと思っています。

オロシ蕎麦とは違う美味しさです。
機会があれば ぜひお試しくださいませ。 

imari #- | URL
2014/12/30 11:02 * edit *

ノンユーさん

来年も どうぞ宜しくお願いいたします。
可愛い野鳥のお写真 楽しみにさせていただきます。
来年も 色々 教えて下さいませ。

鳥撮り先で 美味しいなぁ!と思うランチって 殆どありませんが 
この大根蕎麦はヒットでした。
普段は 私もコンビニサンドかオニギリを
寒空の下ボソボソ食べるのですが
外で食べるコンビニ物でも 美味しく感じるのは
鳥のお陰でしょうね(笑)

寒さ つのります。
どうぞ お風邪など お引きになりませんように、
佳いお年をお迎え下さいませ!

imari #- | URL
2014/12/30 11:11 * edit *

渡良瀬いいですね~?

imariさん、こんばんは!
鳥仲間からも渡良瀬の話題は良く聞くのですが
私は一度も行ったことがありません。
来年はぜひチャレンジしてみたいですね?

ひげ爺 #eHP7HEy2 | URL
2014/12/30 17:32 * edit *

ひげ爺さん

ぜひぜひ来年は 渡良瀬へ!
鳥だけではなく 素敵な被写体が た~くさんあります。
広い空の下 風にそよぐ茫々たる葦原を見るだけでも 
気持ちが良いです。
遠くには 日光連山や上信越の山々、筑波山も見えますし 
私は大好きな処です。

来年も宜しくお願いいたします。
どうぞ 佳いお年を お迎えくださいませ。

imari #- | URL
2014/12/31 09:35 * edit *

おしい!

渡良瀬川の途中に小船?
あれさえなければ、川と空と木立のコントラストから、胸踊る物語が流れてきそうなのに!
とは言っても画にしたいからと言って、有るものをいじるのもいけない事だし。
絵を描くのと違ってこう言う所が、もどかしくも有り楽しいのかもしれませんね。
ともかく、素敵な事に間違いはないです。

朔夜でございます♪ #- | URL
2015/01/07 16:18 * edit *

朔夜姫、鋭っ!

人工物が遠くに見える渡良瀬に
無粋な立て看板が あちらこちらに見えますのん。

「不法投棄禁止、見かけたら通報を!」

広大な茫々たる芦原の中に 痴れ者が投棄したものも
チラホラ。
実に腹が立つのです。
自分の始末も自分でつけられない輩が コソコソと徘徊しているのです。
この破船も その一つかもしれませんね。

imari #- | URL
2015/01/08 11:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://urusiuruwasi.blog99.fc2.com/tb.php/108-f7abeb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)