08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ニッポニア・ニッポンⅢ 




NPOの方に連れて行っていただいたトキのネグラです。
葉かぶりで見難いのですが この絵のなかに6羽のトキが見えるのです。
(ここにはMAX70羽位居るらしいのです)
繁殖期が終った秋の初めから 繁殖期が始まる期間 
トキ達は このようなネグラで 集団で生活をするのです。
臆病で警戒心が強いトキは このような大木がある森が無いと 生きていけないのです。
採餌していない日中は このような人目に触れないところで 過ごすことも多いそうです。


DO9A8893111.jpg


お腹がすくと 集団でネグラを飛び出し 田圃に姿を現しますが これからの時期は 稲刈りの済んだ田圃で
このような姿が 田圃で見かけられるようになるでしょう。
現在 佐渡の自然の中で生きているトキの数は約280羽(今月末 放鳥される個体をいれると300羽を超えます)
中国で生きているトキを合わせると 地球上の野生下トキの生息数は2900羽ほどになるそうです。
多くの方々の尽力によって やっとここまで数が増えてきたことは 喜ばしいことです。


DO9A8879111.jpg


田圃の道に舞い降りて佇むトキ達。
佐渡でトキを観察する場合 車内から観察するのが原則で 進行方向にトキが居たら トキ達にストレスを与えない距離をとり 
車のエンジンを止め 静かに観察をするのです。
移動する場合は 車をバックさせ 別の道に回り走行し 決してトキを驚かさないようにするのが鉄則です。
(地元の農作業車は例外だそうです)
写真を写したい人間にとっては距離を充分とり 三脚は使わずに手持ち中心、車中からの撮影となるので
厳しい条件下の撮影となるのですが これは当然の事ですし 守らねばならないルールです。
トキの生息数が増えているとはいえ まだまだ通過点なのです。  



スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2017/09/16 Sat. 09:38  edit  |  tb: 0   cm: 1