04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

漆 うるわし Ⅱ 

3根来

鎌倉在住の漆芸作家T氏のお宅で見せていただいた3個の根来椀、
朱の色も鮮やかで 手取りも良い。
右手前の縁黒の椀は氏の作であるが 残りの2つは桃山 江戸期の根来椀である。
黒縁の椀は T氏が日々お使いの椀で 三十年ほどお使いとか、
使い擦れもあり 朱の上塗りの中から下に塗られた黒漆が顔を出し始めており
良い顔になってきている。

やけど

正面の黒の部分 奥様がガス台で火に当てた部分だそうで いわゆる「やけど」 
一部 火膨れになってしまった。
傷の裏側、直接 火で焙られた部分も 少々焦げたそうだが 
表面塗りなおし 今に至っているそうだ。

傷1

この根来椀も氏の作品の椀だが 正面に傷(割れ)が有る。
傷の部分 薄めた漆で「含浸」を施し 接着。
まだまだ充分使えるし この傷も味になる。
私の椀は この椀の兄弟分で もう17年も使っているのだが まだ下地の黒が顔を出さない。
毎日使っているのに、発育不足?のようだ。

普段の椀

これらの黒の椀も全てT氏作の椀で T氏の日々の椀である。
ちょっと見 桃山 江戸期の椀にも見える。
最初は 黒漆を塗っただけのシンプルな椀だったそうだが 
古寂びてきたので 奥様のリクエストで表面に朱漆で絵付けをされたそうだ。
秋草に月、桧垣文の様に見えるが 雰囲気もあり 私は好きである。

傷

この椀にも傷があるが 手を加え修理されているので 問題なく使っていける。
日々の食器である。
今出来のお手軽食器でも「食器」という用途は同じではあるが
手仕事の物と 工業製品の物との違いは歴然である。
天然漆は 石油系の塗料とは違い 人間に優しい。
天然成分ウルシオールには抗菌作用もあると聞く。
「木」の優しさ、あたたかさ、漆の質感を感じつつ 私は手仕事の物を使いたいし
自分で 作りたい。
漆器を使うというと 気が張るという方が多いようだが 案外気軽なものである。
大事に使わねばならない物もあるが ちょっとした事を気遣えば タフなものだし 長く使えるのだ。


スポンサーサイト

category: 日々の「器」

Posted on 2012/05/24 Thu. 04:03  edit  |  tb: 1   cm: 3