03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

漆器作り まだ半ば 

椀子

一週間一回の漆の作業は遅々として進まない。
着実に 工程は進んでいるのだが 目覚しい進展はない。
下塗り2回目が済んだ椀を 漆風呂から出し 研ぎの工程をする。
ツルツル ピカピカに塗れている肌を スルスルと研ぐと ツルピカの肌は 無残(?)な
有様に変わる。
塗っては研ぎ、研いでは塗る、この作業の繰返しが美しい完成につながる。
筋目のRになっているカーブの研ぎが難しいのだが 丁寧に研ぐ。
下塗とはいえ 漆独特の漆黒の塗り 自画自賛だが結構いける。
この段階で 数回漆を塗って「完成」としても 以外と良いかも(笑)
まぁ、そんな手抜きは 致しませんが。


つくつけて


研ぎが済んだ椀の底にツク棒をつけ漆を塗る。
極力薄く 均一に。
刷毛目が出ないように 丁寧に塗り重ねていく。
漆器産地では 下地作業 下塗 中塗に関しては かなりの部分 機械化されているという。
ここまで丁寧に作る漆器は少ないと聞く。
下塗、中塗はコンプレッサーで 漆成分を含む塗料を一気に吹付け塗装する物もあるとか。
コストを考えれば それも仕方無い事かもしれない。


水割りカップ


先週 下地処理の2回目の切子付をした水割りカップとぐい飲を風呂から出す。
生漆、砥粉、三辺地粉(焼いた土)を練った切子で覆われた木地は 一見 焼き物の様相だ。
砥いでみて 切子がきちんと定着していたら 生漆を薄く塗布し 下塗工程へ進む。
器の外側を研ぐのは まだ楽なのだが 内側の底を砥ぐのが問題で 指が届かない。
これからの砥ぎの作業を考えると 底辺をきちんと砥ぐための 道具を作るべきかもしれない。
「漆塗り」とは言うが 塗っている時間よりも 砥いでいる時間の方が 圧倒的に長い。


水目さくら


1回目切子付をしたカップを風呂から出す。
二辺地粉で切子付したカップは これもまた焼き物に見える。
備前焼のビアカップそっくりである。
手に取ると ざっくりした肌が 意外と手に馴染む。
焼き物のような冷たさは無く とても良い感じ。
ザクザクした刷毛目が面白く ツルツルピカピカの漆器特有の肌より 私の好みだ。
一人悦に入り ホレボレ見ていたら 
師曰く「これ格好いいね、このままの状態で 生漆で定着させたら?」
我意を得たり、内心 ニヤリだった。
中をきちんと砥ぎ 塗り重ね 外側は 備前焼風に仕上げてみたい。
ツルツルピカピカだけが 漆器ではない(笑) 

スポンサーサイト

category: 漆・手仕事

Posted on 2012/04/22 Sun. 09:19  edit  |  tb: 0   cm: 8  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。