04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

漆器作り・・・工房にて 

椀


先月 木地固めしたお椀の木地に 切子付けをした。
木地固めとは 木地に水分が浸み込むのを防ぎ 下地を強くする為の処置で
生漆を石油で希釈し 木地に塗り拭き取る作業をいう。

切子

切子を作る。
輪島地の粉1と砥粉1を定板の上で混ぜ合せ そこに水を入れペースト状に練り上げる。
輪島地の粉とは 珪藻土(プランクトンの化石)を焼いた物で 七輪の材料の土である。
生漆を入れ さらに混ぜ合せ 満遍なく混ざり合ったら 椀木地に薄く均一に塗る。
粘度がある為 均一に塗るのは難しいのだが この下地が均一に塗れないと
後々の作業に響くので 気が抜けない作業である。

切子2


今日は 内側だけに切子付けをし 風呂に入れ乾燥するのを待つ。
切子付けは あと2回しなければいけないので 最低でも1ケ月かかる。
この下地処理が終ってから 漆を塗り始めるのだが 
この2つの椀は いつ完成するのか。

皿


同じく木地固めした欅の皿と椀に 擦漆の作業を進める。
数回 生漆を擦り込み 艶も色も随分濃くなってきたが 
これも完成するまで 当分かかりそうだ。

ペン1


頼んでいたボールペンの木地が届いた。
数種類の木があるそうだが 今回は檜をチョイス。
白木のままでも素敵で 手に持った感じがとても良い。
「漆塗り万年筆」とか「漆塗りボールペン」とか 時々見かけるが
殆どの製品は「漆塗り風」の製品で デザインも面白くない。
先輩の作品を見て 工房の殆どのメンバーが注文した。
しばらくは ボールペンが流行りそうである。
シンプルに擦漆や本塗り仕上げでも素敵だが
初めて 絵付けにトライしてみようと考えている。
色々デザインを考えているのだが ワクワクしてくる。

ペン

先輩が製作した蒔絵のボールペン




スポンサーサイト

category: 漆・手仕事

Posted on 2011/05/08 Sun. 01:59  edit  |  tb: 0   cm: 5  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。