01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

川は あけぼの  

NHKが白鳥の川をニュースで流したそうだ。
それ以来 河原は千客万来、
「ちょっと 白鳥でも~」的な方々で ごった返していると 鳥友から聞いた。
人混みの中での 白鳥との逢瀬は勘弁である。
んなら 早朝 明け方 逢瀬を楽しもうと出かけた。

夜明け前 五時半に 河原着。
甘かった・・・
駐車場 殆ど満車。
真っ暗な河原では すでに白鳥達 啼き交わしていた。
凍てつく河原 目を凝らして見ると
バズーカ砲のようなレンズをつけたカメラがズラリ。
居場所を探し 下流に向かって 枯れ草を掻き分け歩き
圏央道を望む処で陽の出を待つ事にした。

霧


闇から 紫 濃紺と 空の色が変化する。
気温が低いので 川面に川霧が発生している。
幻想的な景色である。
陽が昇る。
光が差し 瞬時に 空が朱に染まる。
なんと 美しいのか、
川が金色に輝く、まぶしい。
刻々と変化する川の表情、この表情の変化を求め 人は足を運ぶのか。
朝の光は美しいと 写真を撮る人は言う。
なるほどである。

朝白鳥.1JPG

朝白鳥なら 出社前に行けそうである。
う~ん、はまりそう(笑)
朝焼けの中 ネグラから飛び立つ白鳥
そのまま 餌探しに田んぼに飛んでいくグループも居る。
純白の身体が 赤く染まり 実に美しい。
彼らが飛び立つと 河原にカメラのシャッター音が 静かに広がる。

霧


川はあけぼの やうやう 朱くなりゆく 
川岸、すこしあかりて、川面より朧に霧の立ち昇りたる

まさしく 川は「あけぼの」である。

飛んだ.1JPG



スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2011/02/11 Fri. 09:19  edit  |  tb: 0   cm: 10