10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ためいき・・・ 

昨日 警察署へ出向いた。

夏の事故の示談が どうにかこうにか成立し これでお手打ちかと思っていた処
相手から電話があった。
直接 話しをしたくなかったので 出なかったのだが 留守録にメッセージが入っていた。
不愉快極まりない内容で、脅迫めいた文言であった。
関東の人間が 関西弁を使い いかにも「その筋」の人間を装い 脅しの言葉を並べ立てる、
内容は噴飯モノなのだが 不愉快なことには変りはない。
「示談が済んだからって これは終わりではなく 始まりだ」
「身辺に注意せよ」
「これから 面白い事が起こるだろう」云々を 下手糞な関西弁もどきで まくし立てていた。
今までのいきさつもあり 無視を決めていたのだが 物騒な昨今 一応 警察署に出向いた。
当直の警察官に一連の不愉快な事の顛末を話し その留守録音メッセージを確認してもらった。
刑法222条の脅迫罪に抵触するのでは?と質問した。
ここ最近 この様な相談が増えているそうで この程度の言葉では警察は何もできない、つまり 実被害が出ない限り 手出しができないそうだ。
一番の解決法としては 無視をして 相手が嫌がらせを止めるまで 待つのが良策だとか。
明らかに金品目的の嫌がらせだと思われるのに 知らぬ半兵衛である。
ストーカー被害の場合「警告」「注意」ということが出来るそうだが 脅迫罪に抵触していても 成すすべは無いらしい。
薄汚い手を使って いくばくかの金銭を稼いできた輩に対し こちらは打つ手は無いらしい。
手出しが出ないことをいいことにして あちらは「揺さぶり」をかけてくる。
今回の一件を友人に話したところ「いくばくかの金銭」を支払い 相手に納得してもらう、と言う友人も結構居て驚かされた。

警察で学んだ事もあった、
唯一の収穫であった。
今回 私の携帯に 彼が吹き込んだメッセージなのだが 保存期間が過ぎると消去されるので ICレコーダーと カセットテープに録音し それを警察に持ち込んだ。
その録音には 吹き込まれた日時 時間が録音音声と共に録音されているのだが
その録音した音声は証拠品とは 認められないとの事。
理由は 録音は編集し捏造されることもあるとのことで オリジナルを即 警察に持ち込まない限り 証拠能力はゼロとなると教えていただいた。
写真にしても デジカメで撮影した画像は 同じ理由で証拠とは ならないそうである。

ともあれ「嫌がらせ」の段階では お上は知らぬが仏、
「示談が完了しているのに このような物騒な事を言ってくる理由としては 
損保担当者と揉めた事も考えられますね、そこを確認した方が良いと思います」
「もうすぐ 歳の暮、ボーナスシーズンですから ダメモトで脅しをかけたのかもしれません」
と 丸投げ的なことを言われ 警察署を後にした。

 
スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2010/11/23 Tue. 01:29  edit  |  tb: 0   cm: 3