09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

もう 初冬? 

地球温暖化だと言われ 随分 時は経ったが
今年ほど「温暖化」を実感したことは無かった。
十月下旬だというのに 半袖Tシャツ一枚でも 事足りる。
私は シャツ一枚で 過ごしても良いのだが 
一応「衣替え」は過ぎているので 無難な格好をしてはいるが
日中は 半袖シャツ一枚で大丈夫、むしろ その方が 気持ち良い。

あと一週間で来年の年賀状が発売される、
もうすぐ『初冬』ではあるのだが
我家では この時期 朝顔が咲き始めた。
狂い咲きというのでは ないと思う。
短日性の西洋朝顔とは言うものの たくさんの蕾がつきだした。
曽野綾子氏の小説「天上の青」で 有名になった「ヘヴンリー・ブルー」が
咲き始めた。
朝顔は真夏の物なのでは ないのか・・・

朝顔


私が子供だった頃
夏の蝉がいなくなると 秋の虫が鳴きはじめる。
虫の声が 聞こえなくなると もう晩秋、初冬であった。
この時期の森、林、野原は静かなものだった。
蝶々など めったに見られなくなっていた。

平地の蝶々は 紋白蝶の始まり モンキ蝶 シジミ蝶 タテハ蝶
ランクが上がると揚羽蝶の仲間・・・せいぜい そんな物だったが
ところが 最近 新顔を見かけるようになった。
昔は 居なかった蝶である。
ツマグロヒョウモンという 揚羽蝶よりやや小振りの蝶である。

蝶々






スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2010/10/25 Mon. 22:34  edit  |  tb: 0   cm: 2