01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

貧すれば・・・ PARTⅠ 



久し振りに ヤフオクのアンティークのページを見ていた。
一つの蕎麦猪口に 目が止まった。
時代は 250~300年前の江戸中期の猪口 
なかなか お目にかかれない レアな蕎麦猪口が 落札を待っていた。
おまけに 無傷、まさに 「出会い」であった。
猪口の全面に 萩唐草が描かれている物は よく見かける。
しかし この手のように 器の側面に流す様に 模様が描かれているのは 珍しく
図録では 見たことはあっても
店頭で実物を手に取って 見たことは無かった。

ヤフオクができて 骨董の取引が変わったと 言われている。
ヤフオクで取引をしている人間の7割以上は 業者さんだそうだ。
骨董の業者市に参加するには 色々難しく
「古物商」の免許を 警察署から 頂戴するのは モチロンの事
市場への出資金やら お仲間の推薦状とかが必要。 
敷居の高い業者市に 顔を出すというのは 大変な事らしく
ステイタスでもあるそうだ。
ところが このヤフオクでは 面倒なシバリは 一切無く
資金と「目」があれば 誰でも参加できるのだ。
「日本全国骨董市」が 毎日 ヤフオクで お手軽に開催されているのだ。

江戸中期の「飛び萩唐草」の図柄の蕎麦猪口
もし 骨董店の店頭にあれば 福沢さんが 何人も並ぶ。
店によっては 行列ができるかもしれない。
物の完成度にもよるが この手の猪口は とにかく珍しいのだ。
ダメ元で 入札した。

コレクションをこれ見よがしに ズラズラ棚に並べる趣味は 私には無い。
古い物は どんどん使って楽しみたいので 粗相をして 割れたら それまで。
心は少々痛むが 自分の粗忽さを チクチク責める。
器は「使ってこそ」だと思っているので 
割れたら それが器の運命と思って 心の中で 手を合わせる。

入札は 深追いはしないし 自分の想定金額を超えた場合 諦める。
それが 私とアンティークとの付き合い方法なのだ。
今回も 自分の懐と相談した入札金額を入力し 放置しておいた。
時間が過ぎ 確認した処 なんと 私が「落札者」になっていた。
これも「縁」である、
なんと運が良いのであろうかと 喜んでいた。

業者さんに 連絡のメールを入れ 振込みをしようと思っていた矢先
品物が 送られてきた。
落札代金を 振り込んでいないのに である。
なんと気の早い、人が「良い」業者さんなのでしょうか!
半信半疑 喜び半分で 箱を開けた。
「!」
「?」
「×」
で あった。

江戸とは「真っ赤な嘘」
平成生まれの 中国 景徳鎮製のフェイク物であった。
店頭で手にとれば すぐ分かる物、
だが パソコンの画面では 分からなかった。
猪口をひっくり返し 高台を見たら一目瞭然 
「骨董」というカテゴリーで見れば 
今出来の 「いけない物」であった。

さてさて どうしたものか・・・
ため息が 出る。
スポンサーサイト

category: 骨董・古き佳き物

thread: アンティーク

janre: 趣味・実用

Posted on 2010/02/21 Sun. 22:41  edit  |  tb: 0   cm: 10  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。