12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

こんな処に 白鳥が 



白鳥は 哀しからずや 空の青 海のあをにも そまずただよふ(若山牧水)

白鳥、姿の美しい水鳥である。
純白の姿で 水面を行く姿は優雅で美しく
泳ぐ姿を見るにつけ パブロフの犬ではないが 
サン・サーンスの「白鳥」チャイコフスキーの「白鳥の湖」の旋律が
頭の中に 流れてくる。

古事記の時代から 日本人も白鳥を愛してきたようである。
青空 頭上を飛翔する姿を眺め
白鳥に「孤高」「自由」「漂泊」を感じたのではないでは なかろうか。
霊鳥として考えていた処も 見受けられる。
大きな翼をひろげ 飛来する姿は 実に美しい。
悲劇のヒーロー日本武尊の白鳥伝説は
志なかばで斃れた日本武尊を惜しみ 
美しい白鳥に置き換え 永遠のものとしたのであろう。
万葉集にも 白鳥を詠んだ短歌がある。

白鳥の 飛羽山松の 待ちつつぞ 吾が恋ひわたる この月ごろを

冬になると シベリアから白鳥が飛来して来る。
新潟県の瓢湖をはじめとし 日本各地に白鳥の飛来地はあるが 
我家の近くにも白鳥が飛来して来るのだ。
なんの変哲も無い 郊外の小さな川なのであるが
毎年 シベリアから 飛来して来るのだ。

ブラリと白鳥に会いに行った。
大砲のようなレンズをつけたカメラを抱えた白鳥ウォッチャーの方々
子供連れの方々に交じり 冷たい川風に吹かれて来た。
白鳥たちは 三月あたりまで この川で越冬するそうなのだが
鳥インフルエンザ問題で 餌付けは禁止とのこと。
しかし ウォッチャーの皆様 パンくずなど まいている。
寒い冬である。
そのくらいの餌やりは 大目に見たくなる。

写真を写さずとも 川辺に小さな椅子を置いて 日がな一日 眺めていたい。
水面を泳ぐ姿 毛づくろいの姿 飛び立つ姿は 見飽きないと思う。
今度は 真冬のピクニックとして 
日向ぼっこしつつ 時間を過ごしたいものだと思った。

スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2010/01/30 Sat. 21:18  edit  |  tb: 0   cm: 11  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。