11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

めんぱ・・・私の弁当箱 

091226_105812.jpg

私が 日々愛用している 弁当箱の素材は檜で 
木曾の奈良井宿で一目惚れして 買った物である。
かなり 使っているが 重宝している。

薄い檜の板を曲げ 桜の皮で固定し 檜の板をはめ小判型の箱にした曲物で
軽く優しい風合いの 地味な弁当箱である。
天板と側面の曲げ板のつなぎ目は コクソ漆(木の粉と漆を混ぜた物)で
接着してある。
職人さんの手仕事で作られたもので 完成するまで日数がかかる物である。
一個 一個「顔」を持っている弁当箱で
飴色の透き漆で 何回も塗り重ねられており 
おかずを詰め込むと どんなヘボな料理でも 美味しく見えるのである。

食器店に行くと カラフルなお弁当箱は たくさん並んでいるが
この手の弁当箱は ほとんど見かけることは無い。
プラスチックの弁当箱は 洗い桶で水に何日も付け置きしても
全然平気だが この漆の弁当箱は NG。
それだけが 今風の弁当箱に較べると不便だが
きちんと 使い方を守れば ずっと優れていると思う。
漆で塗られているのだが 水分を適度に木が吸うため 
白飯や オカズが 実に美味しいし
漆自体に 殺菌作用もあるそうで 食材の痛みも少ないそうだ。

プラスチックの弁当箱は100均ショップでも お手軽に買えるし
タッパーウェア形式の物は 汁モレも皆無。
実に お手軽で 一見便利かもしれない。
だが 私はあえて「不便さ」を楽しみにしたいのだ。

漆の塗装が 剥げてきたら 漆を塗り直せば良い。
その時が来たら 好みの色に塗り直そうと 手ぐすねを引いて待っている。
「根来」にでも してみようかと思っているのだが
まだ当分 その機会は回って来そうにない。
もしかしたら 私より 長持ちするかもしれないと思い始めている。

日本の漆産業は難しい。
木曾の漆産業も 立ち行かない所も多く
随分 廃業をされた店も多いそうだ。
しかし「良い」物は「良い」のだ。
この日本の伝統的な「弁当箱」の「良さ」を
再認識すべきではないかと思う。

スポンサーサイト

category: 日々の「器」

thread: 和風、和物、日本の伝統

janre: 趣味・実用

Posted on 2009/12/26 Sat. 17:53  edit  |  tb: 0   cm: 7