04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

雨に濡れても 




水辺に佇む野鳥を眺めるのが 私は大好きです。
越冬中のコハクチョウを見た事から鳥撮りを始めたので 水辺は私の鳥撮りの原点と言ってもいいでしょう。
保護色の羽毛で身を飾るシギが多い中で このソリハシセイタカシギの姿は異色です。
鴨の仲間のミコアイサ(通称パンダガモ)にも似て このシギも白&黒ツートンの羽を持ち 
とても美しく上品 水辺では とても目立つ存在のシギで
ず~っと前から 会ってみたいと思っていたのです。
ただ 残念な事に 日本への飛来数は極めて少なく 半ば会うことを諦めていたのですが・・・
来てくれました。 


DO9A1896111.jpg


鳥友さんより連絡が来たのが土曜日の朝でした。
残念なことに 小雨模様・・・迷い鳥です、いつまで居てくれるのかも解りません。
この機会を逃したら もう逢えないかもしれません。
ええ、ままよ!と家を飛び出しました。
雨は ポイントに近づくにつれ どんどん酷くなり 土砂降り状態。
でも、会いたい、見てみたい・・・
泥の田圃の中で 一羽だけ セイタカシギに混じって キビキビ採餌していました。
ソリハシセイタカシギ=アボセット、通称アボちゃんです。
や~っと 願いが叶いました。

鳥友Uさんに  感謝です <(_ _)><(_ _)><(_ _)>


DO9A3512111.jpg






スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2017/05/17 Wed. 23:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

新婚さん、いらっしゃ~い! 

つみおす111


地上から15メートル位でしょうか
ミズキの木に若いツミのペアが 小枝を運び 巣作りを始めました。
色んな巣を見てきましたが 彼らの巣は不恰好で雑な作りで
風が吹くと ゆらゆら 大きく揺れて 巣材の小枝が落ちるのではないかと
心配になってしまいます。


ツミメス111


メスは まだ幼羽が残る「幼な妻」
このペアは もしかしたら初めての営巣ではないでしょうか。
二羽共 小枝を巣に運び モソモソ動き回り作業をしているのですが
初々しい彼らの姿は 葉が繁ってきたら 見えなくなりそうです。

頑張れ、新婚さん!





category: 未分類

Posted on 2017/05/04 Thu. 00:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

GW初日の鳥撮り 

DO9A9312111.jpg


2年ぶりで 池の藤が開花しました。
ハスカワではなく フジカワが写せたら・・・と思ったのですが そうは問屋が卸さない(笑)

カワセミは狩った魚を木に打ち付けて 弱らせてからゴクリとするのですが
勢い余って クチバシから空中へポイっ!
でも 落とす事もなく 上手にキャッチして ゴクリ!
よかったね、カワちゃん!


779A4271.jpg


今日の嬉しい1枚は ツミ。
今日 飛来したと鳥撮りの大先輩より一報をいただき イソイソとポイントへ。

ペアで鳴き交わしながら 森の中を飛び回っていましたが
森は暗く 木は高く なかなか写しやすい処に留まってはくれません。
昨年はカラスに子育てを中断させられた営巣ポイントなので、
今年こそは 愛らしいツミBabyの姿を見たいものです。

今年のツミメスは「幼妻」のようなので うまく営巣に進むか ちょっと心配です。




category: 未分類

Posted on 2017/04/30 Sun. 00:57  edit  |  tb: 0   cm: 4  

亜麻色の・・・ 




田植え準備が進む田圃に 今年もアマサギが飛来していた。
今年は3羽だが 美しい夏羽姿のアマサギは「初夏」を感じさせてくれる。
田起こしするトラクターの すぐ後ろをダンスするように採餌する姿を眺めるのは楽しいものだ。


EG7A9531111.jpg


警戒心が強くて 人間とは一定の距離をとるのに トラクターには恐怖心が あまり無いようで
スレスレまで近くに行き 巻込まれるのではないかと 見ている方がヒヤヒヤしてしまう。


EG7A9609111.jpg


この日の 本来の狙いのモノは・・・ツバチ、
レアな旅鳥 ツバメチドリでした。
昨年は 飛来して すぐ抜けてしまったのですが
この日は飛来して2日目の朝、田圃の畝で 休息中なのか 殆ど動かず
ツバメチドリ特有の飛び姿は とうとう見ることが出来ませんでした(苦笑)
逆光で距離があり 証拠写真にもならないショットしか写せませんでしたが、来年の再会を楽しみにしています。


EG7A9192111.jpg





category: 未分類

Posted on 2017/04/26 Wed. 23:50  edit  |  tb: 0   cm: 5  

すべり込み、セ~~フ! 




やどり木は 古くから幸せをもたらす木として ヨーロッパでは縁起の良い木とされたそうです。
クリスマスには やどり木の下で出会った男女は キスをする・・・な~んて風習もあるそうですが
たわわに実をつけたやどり木の下で 駄目元で時間未定の待ち合わせをしました。

来てくれるかなぁ・・・
待ちぼうけかなぁ・・・
逢いたいなぁ・・・
一目だけでも 姿を見られるだけでも 満足するのに・・・


EG7A9079.jpg


姿を現したのは もうすぐ旅立つツグミ、シメ、シジュウカラ、
待ち人は 待てども 来たらず・・・


EG7A9045.jpg


やはり やどり木は 幸運をもたらす木でした。
僅か10分ほどの出逢いではありましたが 10羽位でしょうか 目の前に現れてくれました。
ヒレンジャクの小群、
やどり木の実を啄ばむこともなく ケヤキのテッペンにチョコット留まり


アッという間に 飛び去っていきました(苦笑)











category: 未分類

Posted on 2017/04/16 Sun. 08:30  edit  |  tb: 0   cm: 8