FC2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

武蔵の国のアオバト達 

aoao.jpg



神奈川の丹沢山塊に生息するアオバト達は ミネラル分補給の為 夏場になると湘南の海まで 飛来する。
群馬のアオバトは とある温泉の源泉でミネラル分を補給する。
では 海無し県の埼玉に生息するアオバト達は 一体どこでミネラル分を摂取するのか・・・
ずっと疑問を持っていた。

旋回するアオバトの群を観た時 胸が熱くなりました。
あ~、こんな場所で 君達に逢えるとは!と嬉しくなりました。
幹線道路横の一角、民家や店舗から近いポイントに 数十羽の群でアオバト達が飛来してくるなんて
目を疑う光景でした。 
警戒心強く 数回頭上を旋回し このポイントとちょっと離れた木立の間を 行ったり来たり・・・
ようやく舞い降りても  タッチ&ゴーで すぐさま飛び立つアオバト達。
暑い中 遠くかすむ山の方向から飛来する彼らは 口を開け荒く呼吸をして ちょっと苦しそう。
ご苦労様、よく来たね、と労ってあげたくなる 健気な姿でした。

よくぞ このミネラル分補給ポイントを見つけたものだと
自然の英知に脱帽です。
君達は 素晴らしいです、
偉いです。




スポンサーサイト

category: 自然

Posted on 2018/07/28 Sat. 17:32  edit  |  tb: 0   cm: 3  

コミミの季節 

①


初めてコミミズクを見たのは5年前でした。
三羽のコミミが 川の土手を飛び回る姿に 興奮したものです。
こんな小さな身体で 単独で海を渡って飛来する、
ハクチョウや雁の様に隊列を組まず飛来するコミミスク、愛しい鳥です。
今年も 姿を見せてくれました(嬉)


②


雪が覆った田圃で 2羽のコミミが接近遭遇。
一瞬 2羽の間に緊張感が走りました。
バトルするかな?と ちょっと期待したのですが
緊張感は一瞬で消えて 1羽のコミミは去っていきました。
留まって居る子の羽角が立っているのが かろうじて見えるのですが ドキッとしたシーンでした。


③


人家が近いポイントなので 人工物を写さないように苦労するのです。
しかし どんどん自然が失われていくポイントであっても コミミズクは したたかに生きています。
人工物を上手く絵の中に入れて写す・・・これからの 課題になりそうです。



category: 自然

Posted on 2018/01/24 Wed. 22:50  edit  |  tb: 0   cm: 7  

ふぅ~わり、ふわ、ふわ、 

DSC00927111.jpg



繁殖期が過ぎ 冬に向かう今の時期 朱鷺の羽毛は日増しに美しくなります。
「朱鷺色」の朱味が濃い子も居れば この子のように淡い朱鷺色の羽毛を身にまとう子も居ますが
どちらも美しく 眺める人の眼を釘付けにしてしまうのです。

ふわ~と田圃に舞い降りる姿は 上品で優しく
このような朱鷺の姿が 観られるようになるとは・・・嬉しい事です。

category: 未分類

Posted on 2017/11/29 Wed. 16:19  edit  |  tb: 0   cm: 6  

北風が吹いた 




「秋の彼岸過ぎ、北風が吹いたらおいで」と言われていたので
先週から 通い始めました。
残念ながら 先週はノビタキに出逢えずに 花を抱えて帰宅し 
2回目で や~っとノビタキに逢う事ができました(嬉)
夏羽の黒い羽を残した子が 後ろに居るのですが この2羽は行動を共にしているので
ペアかもしれません。


DO9A9700111.jpg


白いソバ畑に植えてあるピンクの花にも ノビタキは留まってくれました。
内心 嬉しくて ガッツポーズが出ました。
咲き誇る花に 愛らしい野鳥が留まる・・・美しくて 愛らしくて 時間が止まれば良いと思う瞬間でした。
願いがノビタキに通じたのか しばらく花の上で佇んでくれました。


DO9A9448111.jpg


ボリュームがあるソバの花に留まるノビタキを狙うと カメラのAFが迷うので
今回はマニュアルで写したのですが 白いソバの花とノビタキは手ごわい素材でした。
ソバの花の白飛びも気になって
ハイキーで写すか アンダーで写すかも 確認しながら写してみました。
納得いくショットは 哀しいかな1枚も写せず 撤収となりました。













category: 未分類

Posted on 2017/10/05 Thu. 08:02  edit  |  tb: 0   cm: 4  

ニッポニア・ニッポンⅢ 




NPOの方に連れて行っていただいたトキのネグラです。
葉かぶりで見難いのですが この絵のなかに6羽のトキが見えるのです。
(ここにはMAX70羽位居るらしいのです)
繁殖期が終った秋の初めから 繁殖期が始まる期間 
トキ達は このようなネグラで 集団で生活をするのです。
臆病で警戒心が強いトキは このような大木がある森が無いと 生きていけないのです。
採餌していない日中は このような人目に触れないところで 過ごすことも多いそうです。


DO9A8893111.jpg


お腹がすくと 集団でネグラを飛び出し 田圃に姿を現しますが これからの時期は 稲刈りの済んだ田圃で
このような姿が 田圃で見かけられるようになるでしょう。
現在 佐渡の自然の中で生きているトキの数は約280羽(今月末 放鳥される個体をいれると300羽を超えます)
中国で生きているトキを合わせると 地球上の野生下トキの生息数は2900羽ほどになるそうです。
多くの方々の尽力によって やっとここまで数が増えてきたことは 喜ばしいことです。


DO9A8879111.jpg


田圃の道に舞い降りて佇むトキ達。
佐渡でトキを観察する場合 車内から観察するのが原則で 進行方向にトキが居たら トキ達にストレスを与えない距離をとり 
車のエンジンを止め 静かに観察をするのです。
移動する場合は 車をバックさせ 別の道に回り走行し 決してトキを驚かさないようにするのが鉄則です。
(地元の農作業車は例外だそうです)
写真を写したい人間にとっては距離を充分とり 三脚は使わずに手持ち中心、車中からの撮影となるので
厳しい条件下の撮影となるのですが これは当然の事ですし 守らねばならないルールです。
トキの生息数が増えているとはいえ まだまだ通過点なのです。  



category: 自然

Posted on 2017/09/16 Sat. 09:38  edit  |  tb: 0   cm: 1  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。